聞いたことはあっても意味を知らないものも多い

 サーキットに行くとクルマ好き同士、走る者同士熱心にコース取りや攻めるポイントなどなど語り合ってお互いの情報交換をしタイムを縮めていく。今回はサーキットに行くと良く耳にする用語を並べた。TVのレース中継などでも使われるので覚えていてほしい!

.▲Ε肇薀奪廖織ぅ鵐薀奪

 アウトラップ=ピットアウトした最初の周のこと。インラップ=ピットに戻る周回のこと。

▲▲Ε函Εぅ鵝Ε▲Ε

 コーナーにおけるライン取りのコツ。コーナー進入時はコースの一番外側から入り、コーナーの中間地点では一番イン側を通って、立ち上がりでは再びコースのアウト側まで目一杯使ってスピードを乗せる走り方。要は、コース幅を最大限使って、できるだけ旋回半径を大きくとり、極力高い速度をキープしてコーナリングするための基本。

エスケープゾーン

 ドライバーのミスやクルマ同士の接触、マシントラブルなどでコースアウトした場合備えて、コース脇に設けられている避難スペース。ランオフエリアとも呼ばれている。アスファルトのスペースが広がっている場合もあれば、コントロールの効かなくなったマシンを減速させるために、土や砂利を敷きつめた「グラベル(ベッド)」、砂を敷きつめた「サンドトラップ」になっているコーナーもある。

ぅフィシャル

 レースの大会役員や実行委員、その他、レースを運営するための主催者側の公式なスタッフの総称。

レースの醍醐味であるバトル中にも色々な用語を使う

ゥリッピング・ポイント

 コーナリング中、クルマがもっともコースのイン側に接近するポイントのこと。「エイペック」「アペックス」も同義語。アウト・イン・アウトの「イン」とは、このクリッピング・ポイントのことを指す。

Ε灰鵐肇蹇璽襯織錙

 ピット脇などに設けられたコースの施設のひとつ。レース中は競技長、コース委員長、計時委員などの実行委員が常駐していて、レースの進行などを見守る。アクシデント等にも対応し、セーフティカーを出したり、赤旗を出すなどの判断もここで行う。また反則行為やレギュレーション違反など対するペナルティについての審議も行われる。

Д汽ぅ鼻Ε丱ぁΕ汽ぅ鼻織董璽襦Ε帖次Ε痢璽

 サイド・バイ・サイド=順位を争っている 2台のクルマが、ピタリと横並びとなり接戦になっている様子。テール・ツー・ノーズ=競い合っている2台のクルマの後端と前端が、触れ合わんばかりに接近している様子。

┘好螢奪廖Ε好肇蝓璽

 前走車の真後ろにピタッとつくことで、空気抵抗の小さいスペースに入りこみ、エンジンパワーの余力を生じさせ、それを使って前走車を追い抜く方法。抜けない場合でも、燃費の節約につながる。時速100劼阿蕕い任癲△修慮果は体感可能。ただし、風が当たらない分、ブレーキやラジエータの冷却面では厳しくなる。またダウンフォースも減ってしまうので、スリップ・ストリームに入ったら、できるだけ早くオーバーテイクしたいと誰もが思っている。