16日、韓国・ニュース1によると、北朝鮮を訪問したNBAの元スター選手デニス・ロッドマン氏が、訪朝の目的について語った。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は北朝鮮。

写真拡大

2017年6月16日、韓国・ニュース1によると、北朝鮮を訪問した米男子プロバスケットボールリーグ(NBA)の元スター選手デニス・ロッドマン氏が、訪朝の目的について語った。

AFP通信によると、ロッドマン氏は、中国北京で撮影した映像の中で「私たちが行おうとする最も重要なことは、両国間のドアを開くこと」とし、「少しの努力でも、非常に多くのことを達成できる」と述べた。

ロッドマン氏と北朝鮮に同行した関係者は、ロッドマン氏を「ドナルド・トランプ大統領、金正恩(キム・ジョンウン)の双方と友達になったという特別な、信じられない特権を持った地球で唯一の人」と表現し、「米国と北朝鮮に平和をもたらす」と述べた。

13日、平壌に到着したロッドマン氏はソン・グァンホ北朝鮮体育省副相に会い、トランプ大統領の著書「取引の技術」を渡した。金正恩朝鮮労働党委員長の友人として知られるロッドマン氏は今回を含め、北朝鮮を少なくとも5回訪問。14年、金委員長の誕生日には、北朝鮮を訪問しお祝いの歌を歌うロッドマン氏の姿が公開された。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「うまく行けば国際的なヒーローになれるけど…」「あなたはスポーツ選手であって、政治家ではない」「韓国の選手がこんなことをしたら処罰だな」といった意見が寄せられた。また、「ロッドマン氏の訪朝を許可した」という理由でトランプ政権への批判の声もみられた。(翻訳・編集/三田)