韓国マフィアの跡取り息子
を演じるイ・スヒョク

写真拡大

 韓国の人気俳優イ・スヒョクが、「TOKIO」長瀬智也の主演ドラマ「ごめん、愛してる」に出演することがわかった。長瀬扮する主人公・律を慕う韓国マフィアの跡取り息子ペクラン役で、日本のドラマは初出演だ。

 本作は、2004年にKBSテレビで制作された、ソ・ジソブ主演の同名韓国ドラマのリメイク。事故でケガを負い、命がいつ尽きるかわからない状態になった律(長瀬)は、幼少期に自分を捨てた母・日向麗子(大竹しのぶ)が幸せな生活を送っていることを知り、復讐心を抱く。そんな日々に希望をもたらした女性・凛華(吉岡里帆)との恋、ピアニストとして活躍する麗子の息子・サトル(坂口健太郎)との複雑な関係を織り交ぜながら、律が愛を求めて葛藤する姿を描く。

 生まれてすぐに親に捨てられた律は、養父母の赴任先・韓国で家出し、ペクランの父が運営するカジノの用心棒となる。イ・スヒョク扮するペクランは、律が実の母親を探すために日本に戻るきっかけを作る重要な役どころのため、「このストーリーの始まりを創り出す役割を担っているので、律とペクランの男同士の絆、韓国でいう“ブラザーロマンス”をうまく描きたいですし、そういうところをみなさんに見て欲しいと思います」と意気込みを語る。

 さらに、「初めて日本のドラマに出るのですが、韓国語で演技を出来るので(言葉の問題がなく)ラッキーでした。また、韓国でとても有名な作品のリメイクを演じることが出来て光栄に思います」と出演の喜びを明かす。「韓国ではとても有名な誰でも知っているドラマなので、韓国でそうだったように、日本でもヒットしてもらえるといいなと思います」と期待を寄せている。

 また長瀬との初共演については、「韓国で『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』などの作品やCMなども見たことがあり、とても有名な方だと知っていました。とても気さくに接してくれてうれしかったです。ですから、韓国のロケでは私がおもてなししたいです」と話し、「力を合わせて、いい演技をしていいドラマになるように頑張りたいと思います」と意欲をみなぎらせている。

 TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」は、7月から毎週日曜午後9時放送。