試合前の永井氏と熊野ジムの人たち(撮影=宮田伸広)

写真拡大

おやじ同士が本気で殴り合う、だけど安全第一。そんなボクシングの大会が静かな人気を集めている。30歳以上が対象の大会「ザ・おやじファイト」では、アマ同士が本気で殴り合う。地味なスパーリングとは違い、入場曲があり、勝てばマイクアピール、チャンピオンベルトもある。大会のため30キロ減量した43歳のカメラマンに密着した――。

■代表作は『まいにち、修造!』

5月13日(土)、小雨が降りしきるなか、中高年を対象にしたボクシングの試合、「ザ・おやじファイト 横浜大会」に出場する友人を応援するため、JR関内駅にほど近いラジアントホールに向かった。

友人の名前は、永井浩(43)。プロのカメラマンである。最近の代表作は、2014年発売で、累計100万部を突破した日めくりカレンダー『まいにち、修造!』(PHP研究所)だ。このカレンダーには、松岡修造氏の熱い言葉に加えて、氏の前向きな表情やポーズがたくさん収められている。被写体の表情を限界まで引き出す永井カメラマンの技がなければ、あそこまで売れなかったかもしれない。永井の撮影は、松岡氏の言葉に負けず劣らず熱いのだ。

カレンダーの件はさておき、永井がボクシングを始めた背景には、人生を大きく転換させる出来事があった。離婚である。

「いま小学校4年生になる子供がまだ1歳のとき、妻が子供を連れて実家に帰ってしまったのです。私のほうから離婚調停を申し立てて、正式に離婚したのが39歳。ボクシングを始めたのは39歳と11カ月の時でした」

妻に恨みはないものの、子供を実家に連れて行かれたとき、それまで大切にしていた、温かい家庭を作り、家族の絆を大切に生きるという「大きな物語」が崩れ去ってしまったと永井は言う。離婚調停期間中は、このまま子供に会えなくなってしまうのではないか、父親が居ないことにされてしまうのではないかという激しい恐怖感が、頭を占領した。

「調停をやっていた2年半は子供に会える状況を作るのに必死でした。でも皮肉なことに、それが自分の生きがいになっていたんです」

■年6時間しか会えない

私にも同じ経験があるから、永井の気持ちは理解できる。調停期間中に「断腸の思い」とはこういう時に使うのかと思う出来事が、何度もあったものである。

調停を終えて、永井は年に3回、子供に会える権利(面会交流権)を手にした。1回当たり2時間。しかも面会交流を支援するNPO法人の立ち合いの下である。年にたったの6時間、しかも他人が介在する状況でしか子供に会えないのはあまりといえばあまりだが、でもまったく会えないよりはましだ。

「何年ぶりかで子供の顔を見た瞬間に、ああ、やっぱり自分の子供なんだと思って、嬉しくて……。(調停は)終わったんだ。新しいことをやろうと思いました」

私は、不合理な調停の結末や子供に会えない寂しさ、悔しさをサンドバッグにたたきつけてきたのだろうと勝手に想像していたのだが、永井の話を聞く限りそうではないらしい。いったい何が、永井をボクシングに向かわせるのだろうか。

ラジアントホールでリングが設営されている間、出場選手26人(この日は13試合あった)に対して、濃紺のスーツを着た長身の男性が、「ザ・おやじファイト」(以下、OFB)のルールを説明していた。大会主催者の郷龍一である。

郷の説明を聞いていると、OFBがとにかく安全重視であることがわかる。ヘッドギアの着用は必須であり、たとえ倒れなくても、頭部を強打された場合はスタンディング・ダウンを取られる。ダウンを取られた後に試合を続行するには、レフェリーの目の前で3秒間、片足で立って見せなくてはならない。郷が言う。

■ゴルフやサッカーのように

「ボクシングには年齢制限(プロのライセンスは基本的に37歳で失効する)があって、それを過ぎるといくらジムで練習を継続していても成果を発表する舞台がありません。そこで、ジムで練習している30代中盤以降の人のための舞台を作ろうというのが、OFBのそもそもの始まりなのです」

年齢が高くなれば、試合のダメージが深刻な事態を招くリスクも大きくなる。参加者は元プロでもアマチュアでも、仕事を持っている人がほとんどだから、試合でけがをしてしまったら、翌日仕事に行けなくなってしまう。

「OFB独自の安全のためのルールがあるのは、どうすればゴルフやサッカーを楽しんだ後のように、『今日は楽しかったね』と笑って話しながら帰ってもらえるかを、徹底的に考えてきた結果なのです」

例えば、当初3分2ラウンドだった試合時間を、途中から2分3ラウンドに変更している。なぜかというと……。

「3分戦ってスタミナが切れてからのクリーンヒットはあまりにも危険だろうという判断があって、1試合の時間を2分に短縮したのです」

こうした濃やかな安全への配慮によって、OFBは2006年の第1回大会以降、出場選手に大きなけがを負わせたことは一度もないという。

■応援のヤジでも減点

また、相手選手へのリスペクトとフェアな判定も重視しており、「殺せ」「つぶせ」などといった汚いヤジをセコンドだけでなく、応援者が飛ばしただけで減点の対象になる。ボクシングの世界では初めてとなる、ビデオ判定も導入した。

「試合を楽しんでもらうためには、『あの判定はないよなー』ということを無くしたい。納得して帰っていただきたいので、微妙な判定はビデオで確認するのです」

聞けば、郷のもうひとつの仕事は医療系ライターだという。まっとうな医療知識を備えた主催者による、フェアな試合運営。OFBはとかく野蛮なイメージがつきまとうボクシングを、安全でクリーンなスポーツにしていくことによって、草の根のボクシングファンを増やすことに貢献しているのだ。

■左手のためのピアノ協奏曲

モーリス・ラヴェル作曲の「左手のためのピアノ協奏曲」が大音量で流れると、熊野ジム(永井の所属ジム)の幟旗に先導されて永井が会場に姿を現した。入場曲にクラシックを流すなんて場違いな……と思ったが、後になって彼がサウスポーであることを思い出した。

永井はボクシングを始める前、90キロ以上あった体重を63.6キロまで落としていた。腹筋がみごと6つに割れている。かつての永井とは別人だ。

対戦相手はパウンド・フォー・パウンド(全階級を通して最も強い)と評判の、岩瀬一茂・スーパーライト級チャンピオン(41歳・中央林間ジム)。第65回社会人ボクシング選手権大会では、自衛隊体育学校の選手相手に一歩も引かない試合を展開して、準優勝している(ライトウェルター級)。強敵である。

ゴングが鳴った――。(後編 (https://post.president.jp/sys/articles/preview/-/22313)につづく)

(ノンフィクションライター 山田 清機)