iPadの売れ行きが伸び悩んでいるAppleですが、その理由の1つに、Microsoftのsurfaceが勢いを年々増していることが挙げられます。こうした勢いに乗って、Microsoftのマネージャーが「iPad ProはSurfaceの後追い」と発言し、話題を呼んでいます。

今の成功はAppleを気にしなかった結果だ

「もし我々がAppleを追っていたら、Surface ProやSurface Bookといった製品を世に送り出してはいなかった」と、ニュースサイトBusiness Insiderに語るのは、MicrosoftでSurface部門のマネージャーを務めるライアン・ゲーヴィン氏です。

我々は今や、数年に渡って2in1のカテゴリーで自身の製品を研究し、完璧なものへと仕上げてきた。だが、Surfaceがリリースされた当初、Appleも含めて皆が懐疑的だった。その後、彼らは我々の後を追うようになり、iPad Proはその典型例というわけさ。

ゲーヴィン氏の発言にも一理ある

もちろん、ゲーヴィン氏が記憶をしっかりと辿れば、タブレット市場を大きく開拓したのは言うまでもなくAppleであることは明白です。MicrosoftもAppleに追いつくべく、Windows 8を搭載したタブレットを市場に投入したはいいものの、惨憺たる結果に終わったことは特筆しておくべきでしょう。
 
ただし、ゲーヴィン氏の言うことにも一理あります。
 
もともとSurfaceが本格的に売れるまで、iPadはiPad miniやiPad Airに代表されるように、ラップトップにも太刀打ちできそうな強力なスペックを搭載しているわけではありませんでした。
 
ところが現在では、ラインナップはSmart Keyboardを使用できるiPad Proが主力になりつつあり、アピールポイントも高いグラフィックス性能を要求されるゲームを遊べるだけのスペックとなっています。
 
 
Source:Business Insider
(kihachi)