Microsoftは、人工知能を活用したカメラアプリ「Microsoft Pix」をアップデートしました。撮影した写真を絵画のように加工できる「Pix スタイル」と、作品が生成されるプロセスのアニメーションが見られる「Pix ペイント」機能が追加されています。

絵画のような効果と制作過程のアニメが見られる新機能

今回のアップデートで「Microsoft Pixに追加された「Pix スタイル」は、「グラス」「ファイア」「ホノルル」など11種類のスタイルを選択し、加工の強度を選択するだけで、写真を美術館の絵画のように加工ができる機能です。
 

 
画像加工のための演算は、デバイス上で行われるため、ネットワークに接続されていなくても利用可能です。
 


 
Microsoftの上級プログラムマネージャー、ジョシュ・ウェイスバーグ氏は今回のアップデートを「楽しみのための機能」と語り、今後、スタイルの種類が追加される予定だと予告するとともに、自身のTwitterで作品を公開しています。
 

 
筆者も利用してみたところ、各種写真アプリのフィルタ機能よりも大胆に色調が変換されるのが印象的でした。ただ、人物の写真は前衛的な雰囲気になりすぎる傾向があるので、静物や風景の写真に適用するのが良さそうです。

瞬時に撮影した10枚の画像を合成し最適化

「Microsoft Pix」は、人工知能と機械学習を活用したiOS向けカメラアプリで、瞬時に10枚の写真を撮影して合成し、最適化した写真を生成するほか、人物の表情を自動判別しておすすめする機能があります。
 

日本版のiPhoneでは、カメラのシャッター音を消せない仕様ですが、マナーモードにして「Microsoft Pix」で撮影すれば、静かに写真が撮影できるのも特徴です。
 
昨年12月にはiPhone7 Plusの光学ズームに対応し、操作性を改善、3月にはフラッシュに対応し動作を高速化するアップデートも行われています。
 

Microsoft Pix
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Microsoft
(hato)