「プロデュース101」ついにデビュー11人が決定!グループ名も発表(動画あり)

写真拡大 (全3枚)

カン・ダニエルからハ・ソンウンまで、11人の練習生がデビューの喜びを抱いた。グループ名はWanna Oneに決定され、下半期のデビューを目指し、本格的なアルバムの準備に突入する。

16日に韓国で放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2では、男版I.O.I11人を選ぶ最後の生放送が行われた。オンライン投票とメール投票は計16,121,922票を記録し、プログラムの熱気を推察させた。

この日の1位は、先週の順位発表式でも1位を記録したカン・ダニエルだった。Wanna Oneのセンターとなったカン・ダニエルは、「光栄な場所を与えていただき、感謝します。私の力になってくれた家族、練習生たちに感謝しています。同じステージで、よりよい姿で会えたらいいと思います。この気持ちを言葉で表現することができません。国民のプロデューサーの皆さん、本当に感謝しています、愛しています。常により良いステージをお見せするダニエルになります」と伝えて微笑んだ。

次に毎回好成績を記録していたパク・ジフンが2位に名前をあげた。彼は「カン・ダニエルに1位が贈られて気分が良いです。国民のプロデューサーの皆さんが私を育ててくれました。本当に感謝しています」と話し、「私の心の中に保存」と愛嬌を披露し、歓呼を受けた。

続いてイ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジンとライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン(NU'EST ミンヒョン)、ペ・ジニョンが3位から10位にランクインされた。11位の候補にはキム・ジョンヒョン(NU'ESTのJR)、カン・ドンホ(NU'EST ベクホ)、ハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン)、チョン・セウンの名前があがった。その結果、最後の幸運の11位はハ・ソンウンとなった。

彼らのグループ名は「Wanna One」に最終的に決定された。彼らはWanna Oneのメンバーとして今年の夏のデビューを目指し、作業に入る。 この日の放送では、新曲「Hands on Me」、「Super Hot」、「Always」など、合計3曲の新曲のステージが初公開された。また98人の練習生が再び団結して披露した「僕だよ僕」のステージも印象的だった。「プロデュース101」の初回と同じ制服を着て登場した練習生は、素晴らしいダンスと余裕のあるステージマナーで数ヶ月で大きく成長した姿を披露し、国民のプロデューサーの心を満たした。

また、生放送には「プロデュース101」I.O.Iのメンバーが参加し、後輩グループの誕生を祝った。また、Wanna Oneのメンバーとなった練習生の所属事務所の関係者たちも登場し、新しい道を歩いていく練習生たちに力を吹き込んだ。 Wanna Oneがセンターのカン・ダニエルを筆頭としてI.O.Iに続き、“ホットなグループ”となることができるか、関心が集まっている。