ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

3年ぶり全仏V…31歳復活劇の裏にあった「原点回帰」と「2メートルの修正」

 男子テニスの世界ランキング2位、ラファエル・ナダル(スペイン)は、全仏オープンで史上最多10度目の優勝という偉業を成し遂げた。グランドスラムでのタイトルは、2014年の全仏オープン以来。2年間の雌伏の時を経て、31歳のベテランはなぜ、優勝できたのか。全盛期を彷彿させるクレーコートでの強さを見せつけた復活劇の裏には「原点回帰」と「2メートルの修正」があったと専門家は分析している。

「ナダルは昨年まで手首の故障に悩まされていましたが、実はプレー面でも迷走気味でした」

 こう語るのは、プロテニス選手の綿貫敬介だ。

「ジョコビッチが台頭した時期から『速いテニス』が男子シングルス界のトレンドになりました。ベースラインから2メートルから3メートル遠ざかった地点でラリーを展開するのがナダルの流儀でしたが、ショートポイント(サービスから早くポイントを奪う)を増やそう、速いテンポで打たなければ、ネットプレーに出なければ、とスタイルを変更した影響で、近年は本来の自分を見失っていた印象があります」

 2014年シーズンは全仏オープンで優勝こそ果たしたが、左手首の故障、虫垂炎など健康面で苦しんだ。プレースタイルのモデルチェンジも、時流に合わせようとしすぎたために奏功せず。15年シーズンは独壇場のはずのクレーコートでもタイトルを逃し、翌シーズンもリオデジャネイロ五輪の3位決定戦で錦織圭(日清食品)に敗れ、銅メダル獲得はならなかった。

転機となった新コーチとの出会い「生命線のフォアハンドが強化された」

 そんな苦境で流れを変える転機となったのが、新たなコーチとの出会いだった。

 昨年12月に元世界ランク1位で1998年に全仏オープン優勝を果たしている同胞のカルロス・モヤ氏をコーチに招聘。これまで二人三脚でキャリアを築いてきた叔父でコーチのトニ・ナダル氏は、今季限りで育成組織「ラファ・ナダル・アカデミー」の運営に集中する方針を発表した。

「『速いテニス』へのシフトが上手くいかず、さすがのナダルも試行錯誤してなかなか勝てない時期が続きました。ただ、カルロス・モヤコーチの陣営入りが大きなきっかけになった印象があります。現役時代に対戦経験があり、地元マジョルカ島の先輩でもあるモヤコーチとともに、『まずはフォアハンドをしっかりと打てるようにしよう』という原点回帰によって、ナダルの生命線だったフォアハンドのストロークが今シーズンは強化されています」

 綿貫によれば、本来の武器が威力を取り戻したことで、相乗効果も生まれたという。

「バックハンドのクオリティも上がりましたね。ラリーする立ち位置もベースライン上から以前のように2メートルから3メートル離れた地点に戻しました。速い展開のテニスではなく、まずはボールの威力を確保して、相手に攻撃させないようなテニスをする。ナダルらしい試合運び、力強いプレーが戻ってきたと思います」

 今季序盤はタイトルこそついてこなかったが、復活への兆しはあった。

独特の“蟻地獄”スタイルも復活「自信も取り戻し、完全に復活した」

「全豪オープンとマイアミ・オープン決勝でフェデラーに負けてしまいましたが、この2試合はフェデラーが良すぎた。敗戦の一方で、しっかりとプレーの手応えは掴んでいたと思います。その後、クレーコートシーズンでモンテカルロ・マスターズからマドリード・オープン、バルセロナ・オープンと3週連続で出場しましたよね。そこでナダルは完全復活を印象付けました」

 また、バックハンド以外にもナダルのプレーの質は上がったと綿貫は分析する。

「ナダルの好不調のバロメーターは、クロス方向に打ったボールにどれだけ威力があって、どれだけ深いところに入っているかというのがポイントです。基本的に調子が良い時には、バックハンドのパッシングショット、クロスのパッシングショットでのウィナーが頻繁に出ます。流れに乗り切れない時期はそれがネットにかかるなど、振り切れてなくて決まっていなかった。

 今年は序盤から良いボールが出てきたなという印象がありました。プレースタイル的にもしっくりきていて、無理して攻め急ぐこともなかった。ナダル独特の、圧倒的なフィジカルを生かして“蟻地獄”に相手を引きずり込むようなスタイルも出てきました。モンテカルロでの優勝をきっかけに自信も取り戻し、完全に復活しました」

 どんなショットにも追いつくフィジカル、ショットの鋭さ、そして本来の粘り強さ――。試行錯誤の2年間で苦しみ抜いた“赤土の帝王”は、原点回帰でかつての輝きを放っている。