男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権2日目。6番でバーディーを奪い、歓声に応える松山英樹(2017年6月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権(2017 US Open Championship)は16日、米ウィスコンシン(Wisconsin)州のエリンヒルズ(Erin Hills)で2日目が行われ、松山英樹(Hideki Matsuyama)はスコアを7ストローク伸ばし、通算5アンダーで8位タイに浮上した。

 初日は2オーバーと苦しんだ松山だったが、この日はしびれるようなパフォーマンスをみせて65のスコアを記録し、首位に2打差と戦える位置に食い込んでいる。

 松山はラウンド後、「スコアにかなり興奮していますし、かなり満足です。ルーズなスイングがいくつかあったのですが、65が出ればそれも受け入れられます」とコメントしている。

 小平智(Satoshi Kodair)は3ストローク、宮里優作(Yusaku Miyazato)は2ストロークとそれぞれスコアを伸ばし、ともに通算2アンダーの24位タイにつけて予選を通過した。

 その他日本勢では、池田勇太(Yuta Ikeda)はスコアを2ストローク落として通算2オーバー、谷原秀人(Hideto Tanihara)は4オーバーとして通算4オーバー、今平周吾(Shugo Imahira)は1オーバーで通算5オーバーとなり、カットラインとなった1オーバーを下回って予選落ちとなった。
【翻訳編集】AFPBB News