偏見と闘うアジアの女性創業者ができること

写真拡大

どんな創業者にとっても、会社の立ち上げはとてもスリルのある出来事だ。自分のアイデアを実現し、自分が情熱をかけた商品がユーザーに使われている場面を見ると、非常に大きな満足感が得られる。

もちろん、創業者としてその段階に至るまでには多くの課題がある。女性の創業者であればなおさら、男性創業者が経験どころか気付きもしなかった女性特有の課題や微妙な違いの数々に直面する。

スタートアップの世界では、女性の役割を定義し、有能で価値ある従業員としての女性の存在を制限するような、性別に基づく見方が実際に存在する。女性のリーダーには他の優先事項があり、事業立ち上げに集中できないかもしれない、といった昔ながらの差別的な視点で判断されることも多い。

それでは、この認識をどのように変えるベきか? 私は、仲間の女性創業者たちにこの質問を投げ掛け、性別にまつわる偏見と闘った経験から得た学びについて聞いた。

スキルや知識を身に付ける

私が観察して気付いたのは、女性がスタートアップ創業に至る動機は男性と異なる場合が多いことだ。女性の動機は、個人的な情熱や苦痛と密接に結び付いていることが多い。例えば、顧客のダブルブッキングを防ぐためにエステの予約アプリを立ち上げる、などだ。

しかし、日常的な活動から会社立ち上げのアイデアを得るという考え方は、その事業が「本物の」ビジネスではなく、趣味や娯楽であるかのような印象を与えてしまいかねない。手術着(スクラブ)の製造を通して貧困女性を支援するカンボジアとオーストラリアの社会事業、スクラブス・フォー・チェンジ(Scrubs for Change)の創業者で取締役のバラリー・リチャーズは、こうしたイメージにぶつかることが多いと話す。

「スクラブスは本物の事業で、大きな影響を与えている。単なる副業のプロジェクトではない」。この「趣味」のイメージを拭い去るため、リチャーズは現場レベルの詳細をよく理解し、事業経営に必要なスキルと知識を身につけたと述べた。彼女は、病院用手術着の製造から供給に至る全行程を学び、ビジネスマネジメントの機能分野で訓練を受けて最新の知識を身に付け、いかなるオペレーション・人事・財務系の課題にも対応できるようにした。

助けになるパートナーを選ぶ

女性の経営する企業は増加傾向にあり、女性の創業した企業が数百万ドル(数億円)単位を稼ぎ出すケースも増えている。女性起業家は会社の本質やスタートアップの領域を変革しつつあるが、女性創業者の支援はまだ道半ばだ。

国際中華老齢産業協会(ICAIA)の創業者で最高経営責任者(CEO)の李怡然は、自分のような女性起業家に対する従来の認識を克服する道のりは長かったが、最終的には成功したと語る。「男女に関するどんな固定観念にも屈せず、女性起業家に固定観念を持つ人を批判しないこと。私たち全員が、個人として協力し、プロジェクトや起業を実現できる固有の才能とスキルを持っている」

李は、女性起業家への偏見を持つ人は必ず存在すると認めた上で、こうした人は可能であれば避けるようにと勧める。「ビジョンと能力のある人には、多くの機会が待っている」というのが彼女の信念だ。

また、アジアの女性起業家は時に苦しい闘いに直面するものの、利点もあると李は信じている。「ビジネスで偏見を利用することを勧めたくはないが、男性は女性に比べてあまり社交的だと思われていないことが女性起業家の強みだ。また、多くの女性起業家は母親でもある」と述べた。

他の女性創業者と密接な関係を築く

私の個人的な感想としては、実際に起業をやり遂げた人からの学びは非常に貴重だと感じた。他者の失敗から学ぶことで、自分のビジネスでの苦しみや無駄な時間の多くを避けることができた。ロールモデルや、影響力・起業家育成の意志のある人材は女性の間で不足している。自分を励まし、権限のある地位を目指すよう促してくれたシェリル・サンドバーグ型のロールモデルがいたと言える女性は、どれくらいいるだろうか?

他の女性創業者から学ぶことは楽しいし、私の印象では、女性創業者らは特に性差別の対処法に関する自らの体験談をいつも進んで共有してくれる。私は、ビジネスで先を行く経験豊富な創業者やCEOとつながり、人脈を形成することで、学びや支援、激励を得ることができた。

私の仲間の女性創業者は、目標に注力し、男女問わずチームに最良のリーダーの一人になるため私が必要としていた自信を与えてくれた。