神奈川県横須賀市の南西沖でフィリピン船籍のコンテナ船と衝突して損傷した米海軍イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(2017年6月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)神奈川県横須賀市の南西沖で17日未明、米海軍のミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド(USS Fitzgerald)」とフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル(ACX Crystal)」が衝突した。米軍と海上保安庁によると、駆逐艦の乗組員7人が行方不明になっており、海上保安庁と米軍が協力して捜索している。

 米軍は、この事故でフィッツジェラルドのブライス・ベンソン(Bryce Benson)艦長と兵士2人の計3人が裂傷や打撲傷を負い、米海軍横須賀病院(US Naval Hospital Yokosuka)に搬送されたと発表した。

 米海軍と海上保安庁によると、衝突は横須賀の南西約100キロの沖合で日本時間の午前2時半ごろ発生。米海軍は船体の損傷状況や人的被害の詳細は調査中だとしている。海上保安庁は巡視船艇5隻、航空機2機、特殊な訓練を受けた救助チームを現場に派遣した。

 NHKが撮影した映像ではフィッツジェラルドは右側側面が激しく損壊していた一方、ACXクリスタルは船首部分の左側に比較的軽い損傷が見られた。米海軍は、フィッツジェラルドは喫水線の上下に損傷を受けてある程度の浸水が生じ、推進力に制約を受けているものの自力航行が可能だと発表した。NHKによるとフィッツジェラルドはタグボート2隻に先導されて横須賀基地に向かっている。

 全長154メートルの駆逐艦フィッツジェラルドは横須賀港を拠点として太平洋(Pacific Ocean)と日本海(Sea of Japan)で活動している。ACXクリスタルは全長222メートルのコンテナ船で、船舶追跡ウェブサイトによると東京へ向かう途中だった。フィリピン船籍だが海運大手、日本郵船(NYK Line)の子会社が所有している。海上保安庁によるとACXクリスタルには乗組員20人が乗っていたがけが人はなく、東京の港に向かっている。
【翻訳編集】AFPBB News