【詳細】他の写真はこちら

「Windows Defender セキュリティセンター」に集約



Creators Update以前のWindows 10でも、ウィルス対策やファイアウォール、子供用アカウントの保護者による制限といったセキュリティ機能は搭載されていましたが、それぞれ設定する場所が違っていたため、ひとつひとつ確認して回る必要がありました。Creators Updateでは、このセキュリティに関する機能が1つにまとめられ、新しく「Windows Defender セキュリティセンター」が作られました。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

例えばウィルスチェックをしたい場合、Windows Defender セキュリティセンターから「ウィルスと脅威の防止」をクリック。「クイックスキャン」でチェックができます。ファイルすべてをチェックしたい場合は「高度なスキャン」をクリックし、「フルスキャン」を実行するといいでしょう。

同様に、ファイアウォールについての設定なら「ファイアウォールとネットワーク保護」、子供用アカウントの設定なら「ファミリのオプション」から操作できます。

セキュリティ設定が一覧表示できることで、設定ミスや設定忘れを防げるのがメリット。しっかりと確認し、安全な環境となるよう心がけましょう。



▲「設定」から「更新とセキュリティ」を開き、「Windows Defender」を選択。すると、「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」というボタンがあるので、これをクリック。



▲様々なセキュリティ設定がここから操作できるように。設定の変更や確認が楽になります。



▲ウィルスのチェックをするなら、「ウィルスと脅威の防止」から。「高度なスキャン」を使えば、フルスキャンも可能です。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?