近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第7刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

英語力には「2つ」ある

 企業活動がグローバル化すると、「英語力」は欠かせません。
 これからの時代は、「英語力なしでは生き延びることはできない」と思います。

 英語力は、大きく「2つ」の力に分けられます。
 「情報処理力」と「会話力」です。

●情報処理力/英語の資料を読んだり、ビジネスレター(海外のパートナーとのメール)を英語で書いたりすることができる
●会話力/ネイティブのように完璧である必要はないが、英語でのディスカッションができる

「TOEIC手当」でモチベーションを感化

●情報処理力
 日本レーザーでは、TOEICスコアを人事考課に連動させています。
 スコアによって、社員の「情報処理力」を評価できるからです。
 スコアによって月額0〜2万5000円の手当を支払っています。
 500点未満の社員と、900点以上の社員では、年間最大30万円の差がつきます。
 スコアは、「リスニング力」と「リーディング力」によって決まるため、点数がいいからといって、「会話力(スピーキング力)」は判断できません。

 しかし、「情報処理力」を見極めるにはうってつけです。
 人から情報を得るには、「リスニング力」が必要ですし、ウェブの英語の文章から情報を得るには、「リーディング力」が必要です。
 TOEICスコアによって、英語収集力は明らかに差がつきます。
 また、TOEICは、200問を2時間で解答するので、英語力のほかに、集中力、注意力、判断力、体力、日本語の情報処理力(設問の意味を理解しなければいけないため)を鍛える訓練にもなります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)