先日ご紹介した、セルリアンタワー東急ホテルで7/11(火)に開催される「ソワレ 2017〜美食の集い〜SOIRÉE POUR LES GOURMANDES」

フランスNo.1パティシエとセルリアンタワー東急ホテルの総料理長が創り出す、アート作品のようなコース料理を堪能できる、美食イベントだ。

なんと、年に1度だけしか行われないプレミアムなイベントに、東カレ読者から1組2名様を特別にご招待!

至福の時間を約束してくれる料理を味わえる、とても貴重な体験をぜひ!



昨年のイベントのグランデセールとして提供された「コーヒーとコニャック コニャックのパルフェと炒ったヘーゼルナッツ ブルーマウンテンコーヒー風味の軽いクリーム」

見ているだけでも気分が上がる!珠玉のフレンチコースを味わおう

今回、東カレ読者を特別にご招待するのは、2002年の開業以来、毎年行われているセルリアンタワー東急ホテルの開業記念イベント。

注目すべきポイントは、フランスを代表するパティシエ、ローラン・ジャナン氏が創り出す、芸術品のようなスイーツたち。



昨年のイベントのミニャルディーズとして提供された 「レモンマカロン/ギモーブピスターシュ/塩キャラメル」

昨年、6000人のシェフ・パティシエ・ソムリエの投票で決まる「フランスシェフパティシエ」を受賞。

名実ともにフランスNo.1パティシエであるローラン氏のスイーツは、味覚だけでなく、視覚も刺激してくれるものばかり。



昨年のイベントのスープとして提供された、「あかやま海老のビスクとツバメの巣」

ホテルの総料理長を務める福田順彦(ふくだのぶひこ)氏が作るフレンチもまた然り。

「画家を目指した」という絵画のような美しさと、食材を尊重する熱い想いが相まった料理の数々は、多くの人々を魅了している。

心に残る素敵な料理を味わえる特別なイベント。ぜひこの機会に応募をしてみて!



昨年のイベントの前菜として提供された、「舌平目のスチームクッキング ヴェルヴェーヌの香り 初夏の香草に包まれて」



昨年のイベントの肉料理として提供された、「有機栽培の胡麻で包み香ばしく焼き上げた 熊本産牛フィレ肉のグリル」



至高の料理を創り出す、シェフとパティシエのプロフィールをご紹介

福田 順彦氏

セルリアンタワー東急ホテル 執行役員 副総支配人兼総料理長


2001年、ホテル開業時に総料理長に就任。以来、ホテルの料理に関する総合プロデューサー役を務めている。

料理を通じて、新たなことにも果敢にチャレンジし、豊かな感性から生み出される料理はアグレッシブで情熱的。斬新な表現力で彩られた料理で、多くの人々を魅了している。

「文化交流」をテーマに料理界はもとより、文化人・オペラ歌手・ワイン醸造家など各界の著名人との親交もあり、彼らとのコラボレーションによる食事会を多数開催。

2008年にはフランスの食文化の普及に貢献した功績が認められ、フランス共和国政府より「農事功労章―シュヴァリエ」を受章。



ローラン・ジャナン氏

『ホテル・ル・ブリストル パリ』 シェフパティシエ


『フォション』、『オテル・ド・クリヨン』、『フォーシーズンズホテル・ジョルジュサンク』を歴任してきた、パリを代表するパティシエの一人。

現在は、あまたあるフランスのホテルの中で最高峰とされる“パラス”に格付けされている『ホテル・ル・ブリストル パリ』にて、デザート部門を一手にプロデュース。

セルリアンタワー東急ホテルとは2002年より技術提携を結び、一年に一度の来日の度にパリのデザートを東京に発信し続けている。

2011年にフランスで開催された「ザ・シェフ・トロフィ・ガラ2011」にて「パティシエ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
2013年「農事功労章―シュヴァリエ」受章。
2016年「フランスシェフパティシエ2016」受賞。




『セルリアンタワーボールルーム』
■イベント概要

イベント名:ソワレ 2017〜美食の集い〜SOIRÉE POUR LES GOURMANDES
日時:7/11(火) 受付18:30〜 開宴19:00〜
会場:セルリアンタワーボールルーム(B2F)
内容:フランス料理フルコース&フリードリンク。
ドレスコード:男性はジャケット着用、女性はフォーマルな装いでお越しください。

URL:https://www.ceruleantower-hotel.com/
info/post/162017pour-les-gourmandes.html