iPhone8の指紋認証センサー(Touch ID)は、Galaxy S8のように背面に搭載されるのか、それともディスプレイ内に埋め込みとなるのか――最近のリーク情報からは埋め込みになると考えられていますが、新たにTouch IDが背面に搭載されたiPhone8とされる動画が公開されました。

時代遅れの情報をもとにしたダミーユニットとの指摘も

今回話題となっている動画は、中国SNSの微博で公開されたもので、縦向きに備え付けられたデュアルカメラ、物理ホームボタンの消失、背面に搭載されたTouch IDが確認できます。
 

 
しかし、最近のリーク情報で明らかになりつつあるiPhone8のデザインというよりは、むしろ少し前の情報をもとにしたデザインとなっています。例えばiPhone8は、Galaxy S8同様にほぼベゼルレスになると考えられていますが、動画では太いベゼルですし、Touch IDも現在では背面ではなくホームボタン同様にディスプレイに埋め込まれるという見方が主流になっています。
 
もともとAppleはプロトタイプとして幾つかのモデルを製作していたとされており、この動画に映り込んでいるiPhoneもそうしたうちの1つである可能性は否定できませんが、ディスプレイに何も映り込んでいないことから、モックアップ(ダミー製品)の可能性が高いと考えられます。ニュースサイトBGRも「時代遅れのリーク情報をベースにしたダミーユニットだろう」と指摘しています。
 
iPhone8は爆発的な売れ行きを記録するのではないか、とも言われていますが、もしこんなデザインのiPhoneが本当に登場してしまったら、そんな強気の観測は一挙に消し飛ぶに違いありません。
 
 
Source:BGR
(kihachi)