こちらはオランダのナイメーヘン市にある「Doornroosje」という建物。

大麻が合法になった最初の場所のひとつであり、70年代にはヒッピーの崇拝の場所に、80年代初頭には音楽と芸術の中心地となりました。

グラフィティの聖地でもあるペイントを少しはがしてみたところ……信じられないものを目の当たりにしたそうです。

 

This Guy Found Out What It’s Like To Peel Off 30 Years Worth Of Graffiti To Find What’s Hidden Beneath It


30年以上に渡ってグラフィティが描かれてきた壁の断片を、少しはがしてみたところ……。


分厚い!?


真横からみると、何十層にもなっていたのです。

[画像を見る]
どの時代に何を描かれたのか、詳細に解析されていました。

30年分の積み重ねもすごいですが、この分析力にも驚きですね……。

[画像を見る]
断片とバナナの比較。

[画像を見る]
さすがはグラフィティの聖地。

これからも何十年に渡って、グラフィティが上描きされて行くのでしょうね。

【オランダの「グラフィティ」の聖地でペイントを少しはがしてみたら…信じられないものが出てきた】を全て見る