気になる人に送るLINE。あなたはどんな風に送っていますか?

メールとは違い、LINEはリアルタイムに意思疎通が図れるツールです。それだけに、闇雲に送っただけではスルーされてしまい、そのままふたりの関係が終わってしまうことも。



出典:Nosh

便利ながらとても厄介なLINE。せめてNGなやり方を抑えておくだけでも、つい感情に駆られて思わぬ結果を招いてしまうことを防ぐことができるかもしれません。

今回は、男に既読スルーされた失敗LINEをご紹介します。

 

■出来事だけを長文メッセで送るLINE

「私は“帰りに○○買ってきました”とか、“そうなんですね。私も○○好きです。○○と○○は特に好きで〜”みたいに、相手のことよりも自分のことを優先して送っちゃうんです。たぶん末っ子体質で、構ってちゃんだからかな。」(28歳/女性/販売)

LINEはメールよりもチャットに近いです。そのため、長々とメッセを送ってしまうと、送られた相手はそれだけでビックリしてしまいそう。

ましてや、自分の出来事を日記のように送っては、男性は返信するのが億劫になってしまいます。

構ってちゃんが過ぎてしまう女性は、自分のことを話すのは相手との共通点を探るときだけに留めてみて。すると、男性はあなたに興味を示しやすいはずです。

LINEもなるべく短く簡潔に。相手のメッセに合わせて送ってあげられると、男性は好印象を感じやすいでしょう。

 

■返事の必要がないLINE

「男の人って連絡不精な人が多いじゃないですか。脈ナシだと、返事のないLINEは既読スルーされるのがオチかも。」(27歳/女性/IT)

脈アリナシ問わず、元々LINEを使わない男性にとって、返事を返す必要のないメッセはスルーされることも多いです。

彼の既読スルーを防ぐカンタンな方法は、疑問形で終わらせること。「○○はどうだった?」そうすれば、彼は否応なく返事をするでしょう。

できれば、彼が好きなもの、興味のあるものを聞き出してあげると、男性は答えやすいので返信率が上がると思います。

ただ返事をするだけではなく、意識して彼が返信しやすいメッセを送りましょう。

 

■挨拶だけ、定型文だけのLINE

「脈ナシの相手に“おはよー”とか、“今日もいい天気ですね!”と送っても、無視されるだけだと思う。せめて“そっちの天気はどうですか?”って聞くとか。相手の興味を自分に惹きつける工夫って大切ですよ。」(28歳/女性/サービス)

相手が好きな人だと、LINE上のやり取りとはいえ、緊張してしまう人も多いのでは。相手に話しかける勇気は大事ですが、LINEは送ってから削除することができないため、慎重にメッセを送る必要があります。

とはいえ、あまり思慮深くメッセを送っても、恋愛経験値の高い男性には気づかれてしまう恐れも。

大事なのは、彼とのやり取りを楽しむことです。その姿勢が彼に伝われば、彼もあなたとのLINEが楽しく感じられ、自然と返信したくなるでしょう。

 

スルーされてしまうのには原因があります。

もし自分のLINEに自信がないなら、まずは既読スルーされるのを防ぐだけでも、気になる人とのLINEがスムーズに運ぶかもしれません。

【関連記事】

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ 惚れちゃうぜ!モテ男の心を揺さぶる「小悪魔LINE」テクニック

※ やっちまったー!恋の間違いLINE【12星座別に解説】

※ せめてもう一歩近づきたい…!気になる職場の先輩とのLINEテク

※ 「興味ないです、ごめんなさい…!」勘違い男のLINEから逃げる方法

※ 拷問だぁ~!男子が返信に困る「女子からのLINE」4選