画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」は6月16日、夏の音楽FESシーズンと若者に向けて、「G-SHOCKフェスプロモーション」を開始した。

大きな見どころのひとつは、特設サイトで公開されているスペシャルムービーで、俳優やモデルとして活躍中の成田凌さんが主演を務めている。

若者の日常風景を切り取りながら、悩み、焦燥感、渇望といった「今」という瞬間を表現している。ムービーでは、世田谷区を拠点とするヒップホップ・クルー「KANDYTOWN」のメンバー、YUONG JUJUのオリジナル楽曲を採用しているほか、多くの映画やTVCMなどを手がけてきた柿本ケンサクがムービーを担当した。詳細は「フェスにはG-SHOCK」特設サイトを参照いただきたい。