ドラマ「トゥー・カップス」側、作品に関する情報を訂正“KBS脚本公募展の当選はキャンセルになった”

写真拡大

ドラマ「トゥー・カップス」側が従来知られていた「KBS脚本公募展の当選作」という作品に関する情報を訂正した。

本日(16日)「トゥー・カップス」の制作会社であるピープルストーリーカンパニー側は「事実とは異なる部分があり、お知らせする。以前発表した『ピョン・サンスン作家のデビュー作であるトゥー・カップスは、KBSテレビドラマがミニシリーズ経歴作家を対象に開催した脚本公募展で優秀作として選定された作品』という部分について、今年初め、作家本人の要請とKBSとの合意によって、当選がキャンセルになった事実を確認することになり、お伝えする」と明らかにした。

続いて「これに関して誤った報道が発表され、弊社としてもとても残念に思う。作家本人とKBSの合意の上で当選がキャンセルになったと、訂正して報道してほしい」と付け加えた。

「トゥー・カップス」は正義感あふれる強力系刑事の体に、図々しい詐欺師の魂が無断侵入した状況で、合同捜査を行うことになったクレイジーな刑事と、気難しい女子記者のファンタジー捜査ロマンスを描く作品だ。俳優チョ・ジョンソクとハン・ジミンが出演オファーを受けた中、MBCが編成を検討している。