プロがおすすめ!美人度が劇的にアップする「逆三角形ツヤ仕込み」とは

写真拡大

人気のツヤ肌をしてみたいけど、なんだかいつもテカテカな仕上がりに……なんてことありませんか?ツヤ=立体的ということ。お顔の中で立体的に高い箇所に光が当たると“ツヤ”があるように見えるので、ポイントを押さえて“ツヤ”を仕込めば良いのです!

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が「美人度アップの逆三角形ツヤ仕込み」をご紹介します。

■お顔の中の逆三角形ゾーン

両頬の逆三角形ゾーンが2つと、眉山からアゴ先にかけての大きい逆三角形ゾーンが1つあります。

■ベースにはハイライトを仕込む

立体的にお顔を見せるには、ベースにコンシーラーのハイライトを仕込むことがポイント。自分の肌色よりもワントーン明るめのライトベージュカラーのコンシーラーで、まずは両頬の逆三角形を明るく見せましょう。

そして、眉山からアゴ先にかけての大きい逆三角形を作るには、目尻&アゴ先にホワイトカラーのハイライトを仕込みます。

そうすることで、頂点(アゴ先)の尖りと底辺(両眉)にかけてのラインが浮かび上がり、より立体的に見せることができますよ。

 ■両頬にはオイルをプラス

光が当たった時のツヤっとした質感を出すには、オイルコーティングがベスト。もちろん、全体に塗るとただのテカリに見えますので、ここでは“両頬”のみにオンします。

色々な種類のオイルがありますが、私が撮影でもよく使用するのは、“馬油”。ほどよいテクスチャーの固さがあるので、浸透せずに表面でツヤをキープしてくれるので、おすすめです。

ベースのファンデーションがよれないように、少しずつ好みの質感になるまでなじませましょう。

いかがですか? ちょっとしたコツとポイントで、ツヤ肌も思うがままに。ぜひ、明日からのメイクアップの参考にしてみてくださいね。

プロがおすすめ!美人度が劇的にアップする「逆三角形ツヤ仕込み」とははWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

古賀真知子

メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」