『劇場版 お前はまだグンマを知らない』ポスタービジュアル (C) 2017劇場版「お前はまだグンマを知らない」製作委員会

写真拡大

謎多き土地グンマに転校してきた高校生の神月紀(かみつき・のり)が、独自性の強いグンマの文化や異常なほどグンマ愛が強いクラスメイトたちに翻弄され、困惑する姿をコミカルに綴った人気マンガを、間宮祥太朗主演でドラマ化に続き映画化する『劇場版 お前はまだグンマを知らない』。この作品が全国公開より一足早く、群馬で7月15日より先行公開されることとなり、それに先駆け60秒の予告編が解禁となった。

『劇場版 お前はまだグンマを知らない』、その他の場面写真

原作は、新潮社のWEBマンガサイト「くらげバンチ」で2013年10月より配信中の、井田ヒロトによる同名マンガ。この作品が3月6日から全4話で深夜ドラマとして放映され(関東ローカル)、熱狂的な反響を受けたのに続き、今度は映画館にお目見えする。

解禁となった予告編は、いきなり間宮扮する高校生の神月が「なんと言うところだ、グンマは。くそぉ」と叫ぶところから幕開け。「謎多き土地グンマにやってきた とある転校生は……グンマ人たちにいたぶられ、られ、トチギ人、イバラキ人に襲われ、われ、命の危機にさらされるぅ」と呪文のようなナレーションとともに進行していく。

そんな中、神月は、とあるグンマ美女に一目惚れするも、何を見てしまったのか、彼女から「2度と見るな! 見えそうになったら目を閉じろ! このむっつりドスケベ変態野郎」となじられてしまう始末。60秒と短い映像ながらも、そのバカバカしさがしっかりと伝わってくる、楽しそうな青春おバカ映画になっていそうだ。

『劇場版 お前はまだグンマを知らない』は7月22日より池袋シネマ・ロサほかにて全国公開。7月15日より群馬の主要劇場4館で先行公開される。