画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝は6月16日、無線LAN(Wi-Fi)通信機能を搭載したSDメモリーカード「FlashAir」シリーズの新モデルとなる、「SD-UWA」シリーズ(W-04)を発表した。

16GB / 32GB / 64GBの3モデルを用意し、6月17日から発売する。店頭予想価格(税込)は、16GBが5,400円前後、32GBが6,800円前後、64GBが10,800円前後。

従来モデルと比べて、基本性能面と無線通信性能が向上。UHS-IインタフェースとUHSスピードクラス3、およびSDスピードクラス10をサポートしているので、4K動画の撮影などにも対応できる。転送速度はリード最大90MB/秒、ライト最大速度70MB/秒。

無線LAN機能は、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに準拠。現行モデルの「SD-WE」シリーズ(W-03)と比較して、通信速度は約2.9倍になった。新たに「Eyefi連動機能」を備え、同じくEyefi連動機能を持ったデジタルカメラなら、データ転送中にカメラの省電力モードなどで電源が切れるのを防げる。