「雲が描いた月明かり」B1A4 ジニョン“三角関係になったら僕だったら譲らない…ライバルに構わずアタックします”

写真拡大 (全3枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

パク・ボゴム&キム・ユジョン主演の超話題作「雲が描いた月明り」のDVD&Blu-rayが好評リリース中! 今回、DVD&Blu-rayリリースを記念して、B1A4 ジニョンのインタビューが到着! 本作で演じたユンソンの魅力や演技、共演者のパク・ボゴムやキム・ユジョンについて語ってくれた。

【プレゼント】「雲が描いた月明り」リリース記念!B1A4 ジニョン直筆サイン入りチェキを1名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――最高視聴率25.3パーセントを記録した大ヒットドラマに出演した感想と、KBS演技大賞新人賞を受賞した感想を教えてください。

ジニョン:時代劇は初めてだったので、すごくドキドキして緊張もしましたが、監督や脚本家の方、共演者の方々に助けられて、楽しく演じられたように思います。結果として、視聴率も高かったのでよかったです。そしてまた光栄なことに、今回は新人賞を頂きました。「さらに精進しなさい」という意味で下さった賞だと思います。この作品を通して多くのことを学びましたし、多くのことを得たと思います。だから僕にとっては、とてもありがたい作品ですね。

――初めて時代劇に挑戦なさいましたが、撮影にあたって特に準備したり気を使ったりした点はありますか? プレッシャーはありませんでしたか?

ジニョン:もちろん、初めての時代劇というプレッシャーは、かなりありました。言葉遣いも衣装も現代劇とは違うので、準備すべきことがたくさんありましたね。「当時の人はどうだったか」ということも勉強せねばなりませんでした。そしてやはり言葉遣いですね。当時は、今と違う言葉が多く使われていたので、そういったことも学ばなければいけませんでした。衣装にも慣れなければと思ったので、昔の服についていろいろ調べてみたりもしました。

「自分が生きたことのない世界が舞台…まるで夢か幻のような感じ」

――現代劇とは違う、時代劇ならではの魅力や長所はどういった点だと思われますか?

ジニョン:現代劇の場合は、内容が自分の経験したことや経験しそうなことに似ているので、共感できる部分が多いんです。でも時代劇の場合は、自分が生きたことのない世界が舞台ですよね。だからすごく新鮮に感じられることが多くて、ファンタジーのように思えるんです。演じながらも、自分がその世界にいることがとても不思議で、まるで夢か幻のような感じがします。そういった点が、時代劇の魅力だと思います。

――この作品では、片想いの恋心、剣を使ったアクションシーンまで、多様な演技を見事にこなされました。ユンソン役を演じるために、具体的にどのような役作りをなさったのですか?

ジニョン:いろいろと準備をしたのですが、まず、ユンソンというキャラクターを理解すること自体に、長い時間がかかりました。序盤にはキザなセリフが多かったのですが、可能な限りサラリと言うように努めていましたね。後半には、ユンソンが秀でた剣術を発揮するシーンも出てくるので、タテの練習もたくさんしました。

「生まれて初めて好きになった女性を諦めようとする心情…僕も悲しくなりました」

――ユンソンのシーンやセリフの中で、特に印象に残っているものを教えてください。

ジニョン:ちょっと悲しいシーンです。ユンソンは何かとラオンを助けたり、彼女に会いに行ったりするのですが、ある時、ラオンに「もう来ないでください」と言われます。僕を見ているとイ・ヨンのことが思い浮かぶから、と。話しながら、ラオンはユンソンの目の前で激しく泣きます。好きな女性が自分のせいで泣きじゃくる姿を見て、ユンソンは「もう、期待も勘違いもしない」と言うのですが、そのシーンがすごく悲しかったですね。生まれて初めて好きになった女性を諦めようとするユンソンのつらい心情を思うと、僕も悲しくなりました。

――撮影で一番つらかったのは、どんなことですか?

ジニョン:撮影は全部楽しかったのですが、つらかった点を挙げるなら「暑さ」でしょうか。一番暑い時期のロケだったのですが、たくさん重ね着をしていたため、衣装の中に風が通らない状態だったんです。ですから暑さとの闘いでしたね。ミニ扇風機をよく使っていました。

――劇中でライバル役であるパク・ボゴムさんと共演してみてどうでしたか? ジニョンさんの目から見た大ブレイク中の俳優パク・ボゴムさんはどんな人でしたか?

ジニョン:ボゴムとは撮影が始まる以前からすごく気が合いましたし、とてもいい人でした。話をしていても楽しかったです。そのような良好な関係が、演じる時に相乗効果を発揮したように思います。お互いのことをよく分かっていましたからね。それにボゴムは、「こんなにいい人でいいのか」と思うほどいい人なんです。とても情け深くて親切だし、思いやりもあります。年下ではあるけれど本当に学ぶところが多い、そんな人です。

「三角関係になったら僕だったら譲らない…ライバルに構わずアタックします」

――キム・ユジョンさん、クァク・ドンヨンさんとも共演されましたが、いかがでしたか?共演者4人(ジニョン、ボゴム、ユジョン、ドンヨン) の中では一番年上でしたが、年下の共演者たちとコミュニケーションを取るうえで、特に意識したことや気を使った部分はありましたか?

ジニョン:ボゴムだけでなく、ユジョンやドンヨンとも気が合いました。年齢も近いし興味・関心も似ていたので、本当にたくさん話をしましたね。一緒にご飯を食べに行ったりもしました。確かに僕が一番年上ではありましたが、意識はしませんでした。年上だからといって威張ったりするのは、本当によくないと思ったんです。俳優としては彼らのほうが先輩ですから、多くのことを学びたかったし、話も聞いてみたかった。僕たちはお互いにすごく助け合っていたんです。そういった意味でもこの作品から得るものは大きかったですね。

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか? 思い出に残る面白いエピソードがあれば教えてください。

ジニョン:僕たちはとても仲が良かったんです。スタッフの方が全体的にすごくいい方たちで、現場はとてもいい雰囲気でした。どんなに暑い中でも、笑い合おうとみんなが努力していて、いつも笑顔がありましたね。面白いエピソードを挙げるなら……仲良く楽しく撮影していたある時、みんなで大爆笑したんです。そうしたらツボにハマってしまって、カメラが回り始めても笑いをこらえるのがつらくって。みんな次々に笑ってしまい、何度もNGを出したことがありましたね。

――劇中では、パク・ボゴムさんと恋のライバル関係になります。実際にジニョンさんが好きな人を巡って三角関係に陥ったら、どうすると思いますか?

ジニョン:僕だったら譲らないでしょうね。勇気ある者が勝つと思うので、ライバルに構わずアタックします。ラオンと出会ったのはユンソンのほうが先なのだから、ユンソンは諦めずにもっと頑張るべきだったと思います。

「自分が作詞・作曲した曲が流れる場面…本当に不思議な体験をしました」

――B1A4のメンバーであるサンドゥルさんが「素直になれなくて」でOSTに参加し、ドラマを応援してくれましたが、他のメンバーの反応はどうでしたか?

ジニョン:メンバーは、モニターも頻繁にやってくれましたし、僕のセリフをよくマネしていました。それで、少しからかうような感じでコメントをくれるんです。とてもありがたかったですね。僕が出演しているからという理由で、関心を持ってドラマを観てくれるんですから。僕としては、そんな仲間の姿に感動しきりでした。

――ドラマも大ヒットしましたが、OSTも大人気でしたよね? プロデューサーとしてOSTに携わったご感想は?

ジニョン:以前から、「いつか絶対に自分が出演するドラマのOSTに曲を書いてみたい」と思っていました。そうしたら今回、幸運にもチャンスが巡ってきたんです。ユンソンを演じながら同時にその思いを歌で表現するというのは、本当に変な気分でした。「この気持ちを歌で表現するとこんな感じになるんだな」と気付いたりして、とてもいい経験になりましたね。

――ユンソンのシーンで、ご自身が作詞・作曲をした「霧の道」が流れる場面もありましたね。その場面をご覧になっている時はどんな感じがしましたか?

ジニョン:本当に不思議な体験をしました。あんなことは初めてでした。ユンソンの最期のシーンを撮影する時、その場所に、前が見えないほどの霧が立ち込めていました。「すごいな」と思って見ていたのですが、なぜかその時、「もしかしたら、このシーンで『霧の道』が使われるかもしれないな」と思ったんです。そしてあとで完成したシーンを観てみると、本当に「霧の道」が流れていて……! バックに流れる「霧の道」を聞きながら最期のシーンを観ていると、より切ない感じがしました。僕が曲を書きながら考えていたことなんかも頭をよぎり、「ユンソンの気持ちをうまく代弁している曲だな」と実感しましたね。

「片想いの役が多かったので、今度は愛が成就する役をやりたい」

――ジニョンさんはアイドルでもあり俳優でもあり、またプロデューサーでもあり、と様々な分野で成功を収める多才な方ですが、成功の秘けつは何だと思いますか?

ジニョン:まだまだですよ。やっとスタートラインに立った感じです。「何かを得るには何かを捨てねばならない」と言われますが、僕は、興味のあることはとにかく全部やってみたいんです。新しいことにチャレンジし、困難にぶつかっていくのが大好きなんですよね。何かをやってみて失敗したとしても、それが経験になればすごくうれしい。やってもみないうちから、「できなさそうだからやめておく」というのではダメだ、というのが僕の信条です。ポジティブにとらえて、何でもとにかくやってみるのがいいと思います。

――では、今後はどういったことに挑戦したいですか?

ジニョン:本当にいろいろやってみたいですね。ゆくゆくはラジオのDJも経験してみたいです。

――俳優として今後チャレンジしたいジャンルや役柄はありますか?

ジニョン:片想いの役が多かったので、今度は愛が成就する役をやりたいです。それから、アクションシーンの多い戦争映画にも出演してみたいですし、二重人格的な悪役も演じてみたいですね。

――最後に、日本のファンの皆様に向けて、このドラマの魅力も含めメッセージをお願いします。

ジニョン:「雲が描いた月明り」は、10代の頃に経験する恋というものを本当によく表現したドラマだと思います。見ていてほほえましいんです。でも、この作品には悲しみやその他のすべての要素が入っています。僕に言わせれば、本当に「完璧なドラマ」ですね。どうぞご覧になってください。よろしくお願いします。

「雲が描いた月明り」DVD&Blu-ray情報

●好評発売中
・DVD-SET1 130分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET1 130分特典映像DVDディスク付

●7月4日(火) 発売
・DVD-SET2 140分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET2 140分特典映像 DVDディスク付

※同時DVDレンタル開始
DVD 各19,000 円+税
Blu-ray 各21,000 円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) Love in Moonlight SPC All rights reserved
公式サイト:http://kandera.jp/sp/kumo/
予告編:https://youtu.be/Nywj5JBTA3M

▼CS放送局・衛星劇場
2017年6月20日(火) 毎週火曜日 午後11:00〜※2話連続放送(全18話)

●「雲が描いた月明り〜オリジナル サウンドトラック」好評発売中
3,800円+税、発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント