チ・チャンウク&キム・ソヒョンら「君の名は。」韓国語吹き替え版の声優に抜擢

写真拡大

映画「君の名は。」が7月13日に韓国語吹き替え版で公開される。「君の名は。」吹き替え版の主役に俳優チ・チャンウク、女優キム・ソヒョン、イレが合流し、映画「犬どろぼう完全計画」のキム・ソンホ監督がアフレコの演出を引き受けた。

2017年、新年最初の前売り率1位、ボックスオフィス1位を記録し、日本映画興行歴代1位となった「君の名は。」が、7月13日、韓国語吹き替え版でシンドロームを続けていく。「君の名は。」は、夢の中で体が入れ替わった東京に暮らす少年・瀧(たき) と山奥で暮らす少女・三葉(みつは) が作っていく奇跡と愛の物語を描く。韓国語吹き替え版には、優れた感性はもちろん、高いキャラクターシンクロ率まで兼ね備えた若手演技派俳優チ・チャンウク、女優キム・ソヒョン、イレが参加した。また「君の名は。」は、視覚及び聴覚障害者も見ることができるよう、画面解説と韓国語字幕が加わったバリアフリーバージョンでも制作される予定である。このように意味深い制作の趣旨に共感した3人の俳優は、声優として快く出演する意思を明らかにした。

瀧役は、最近ドラマ「怪しいパートナー」で“ロマンスコメディーの天才”という修飾語で女心を惹きつけているチ・チャンウクが引き受けた。“声さえもイケてる”俳優として評されるチ・チャンウクは、初のアフレコ挑戦だったが安定した豊かな感情の演技を披露し、映画の感性と没入度を一層高めてくれた。彼と胸の躍るロマンスを繰り広げる三葉役は、ドラマ「君主−仮面の主人」「鬼」、映画「ラスト・プリンセス」「純情」で優雅ながらもカリスマ性あふれる魅力を見せてきたキム・ソヒョンが引き受けた。キム・ソヒョンは、少女が感じるドキドキの初恋の感情を繊細に描き出したと同時に、巨大な運命に立ち向かう三葉のキャラクターを立体的に表現する。そして「君の名は。」の新スティラーで観客の心の中に残った妹・四葉(よつは) 役は、“国民の妹”女優イレが引き受けた。映画「兄思い」「犬どろぼう完全計画」「願い」などで、早くから演技力を認められたイレは、劇に活力を与える四葉役で可愛くちゃっかり者の魅力を披露する。また、韓国語アフレコの演出は、暖かい感性とユーモアで愛された「犬どろぼう完全計画 」のキム・ソンホ監督が引き受け、一層期待を高めている。

「君の名は。」の制作会社コミックス・ウェーブ・フィルム側は、「原作の感じをより上手く表現するためには、日本と同じように俳優をキャスティングして欲しいと頼んだ」と述べた。また「韓国語吹き替え版の俳優たちの過去の出演作を見てみると、イメージだけでなく演技力も抜群で期待が高かった。今回の作品も声のトーンと演技は誇張されておらず、実写の中で演技をしているように自然だった」と、今回のキャスティングに対する満足感を示した。

今回公開された吹き替え版ポスターは「まだ、覚えている」という感性的なキャッチコピーで、マニアな観客はもちろん吹き替え版の映画を初めて観る観客の視線をひきつけている。

「君の名は。」韓国語吹き替え版の制作が決定!声優オーディションを開催