“亜人”同士の壮絶な戦いがはじまる! (C) 2017映画「亜人」製作委員会
(C)桜井画門/講談社

写真拡大

 佐藤健と綾野剛の共演で、桜井画門氏による人気漫画を実写映画化する「亜人」のポスタービジュアルがこのほど完成。絶対に死ぬことはなく、命を繰り返して生きる新人類の“亜人”同士ながら、相容れない思想の2人が激しくぶつかり合うさまが、“危険”を示す赤と黄の2バージョンで表現された。

 2012年に「good!アフタヌーン」で連載が始まり、死を超越した新人類というセンセーショナルな設定が話題をさらった同名漫画を、「踊る大捜査線」シリーズなどで知られるエンタメ大作の名手・本広克行監督のメガホンで実写化。研修医として日々勉学に励む永井圭(佐藤)は、交通事故で絶命したことをきっかけに、自分が亜人であることを知る。研究施設で非人道的な実験を受ける圭だったが、やがて国家転覆を狙い大量虐殺を繰り返す亜人テロリスト・佐藤(綾野)と対立し、壮絶な戦いに身を投じていく。

 映画「るろうに剣心」以来2度目の共演となる佐藤と綾野が、人類を守りたい亜人と、人類を破壊したい亜人の“エンドレス リピート バトル”を展開。原作でも人気の高いキャラクターで、研究のためには亜人への非人道的な虐待を見ても顔色ひとつ変えない厚生労働省・亜人管理委員会の戸崎優役を玉山鉄二が演じ、城田優、千葉雄大、山田裕貴が、佐藤(綾野)率いるテログループの亜人役で脇を固める。川栄李奈、浜辺美波の女優陣が、不条理な世界に苦悩するキャラクターを演じた。

 「亜人」は9月30日から全国公開。