<トヨタ ジュニアゴルフワールドカップ Sapported by JAL 最終日◇16日◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(男子6843ヤード・パー71、女子6130ヤード・パー72)>
世界6大陸、65を超える国と地域で予選が行われ、24のジュニアゴルフ・ナショナルチーム(男子15チーム、女子9チーム)が世界一を競い合う国別対抗世界選手権大会「トヨタ ジュニアワールドカップ」の最終日が行われた。
今大会出身者もたくさん!女子プロ写真館に若手プロの秘蔵フォト追加
日本チームの3日目までの成績は、男女ともに2位。男子は首位のタイと2打差の15アンダーで、女子は首位のアメリカと2打差の6アンダー。アベック優勝を十分狙える好位置でのスタートだった。
アウト・インともに女子からのスタート。3日目終了時点でトータル6アンダー、女子個人で首位に立っていた西村優菜が前半で2つボギーをたたいて失速。スコアを伸ばしたアメリカのアヤ・アブジュガニーがハーフを終えて首位、そして同じアメリカのエミリア・ミグリアチオが3位に上がり、チーム戦でもアメリカがトップに立つ展開を見せた。
「もしかしたら、相手を意識しすぎていたのかもしれません」と、西村。
アメリカはその前半の勢いのまま後半も攻め続けた。この日のトータルは11アンダー。4日間トータル22アンダーで優勝を飾った。日本は後半も前半と同様の苦しいゴルフが続く展開で、スコアを伸ばすことができずトータル20アンダーで2位に終わった。
女子個人戦はアメリカのアヤ・アブジュガニーがトータル7アンダーで優勝。西村優菜は3日までの貯金を生かしトータル3アンダーで、アメリカのエミリア・ミグリアチオを1打差で振り切り、なんとか2位に入った。
一方、2打差で首位スタートのタイを追いかける男子は、前半で関藤侑嗣が4バーディ、植木祥多が3バーディとスコアを伸ばしハーフ折り返し時点で首位に立った。だが4位スタートのアメリカも、トラビス・ヴィックがパー5でイーグルをとるなどスコアを伸ばして日本に迫っていた。
後半、そのトラビス・ヴィックが5つバーディをとり、さらにスコアを伸ばす。結果、トータル8アンダーの“63”というビッグスコアを出し、アメリカの優勝を引き寄せた。
アメリカに4打差の2位と逆転負けを喫した日本だったが、優勝まであと一歩のところまで迫ったプレーは、選手たちのこれからの活躍に期待を持たせてくれた。
「もう少し頑張りたかった。後半はアメリカがスコアを伸ばしてきていると分かり、バーディをとりにいってボギーをたたいてしまいました。勝負どころで焦ってしまいました。あと一歩。いつか世界一になりたいです」と、関藤。
これからの活躍といえば、本大会は多くのトッププロを排出している。日本人では松山英樹(2009年出場)、宮里優作(1996年97年98年出場)、池田勇太(2003年出場)、谷原秀人(1995年出場)、小平智(2007年出場)など。世界では、イングランドのダニー・ウィレット(2005年出場)、同じくイングランドのジャスティン・ローズ(1996年出場)他がいる。
アマチュアの試合には、多くのギャラリーを集めて賞金をかけて戦うプロのトーナメントの華やかさはない。キャディもいない。ジュニアゴルファーたちは、自分でキャディバッグを担いでラウンドする。静けさの中、ゲームは進められていく。
静かに腕を競い合い、己のゴルフを高めようとする選手たちがそこにはいた。彼らの気持ちの入った熱いまなざしが印象的な試合だった。
【最終結果】
■男子
優勝:アメリカ(-21)
2位:日本(-17)
3位:タイ(-14)
4位:デンマーク(-21)
5位:ドイツ(-4)
■女子
優勝:アメリカ(-12)
2位:日本(-7)
3位T:オーストラリア(+7)
3位T:イタリア(+7)
5位:コロンビア(+9)
■女子個人戦結果
西村優菜(大阪商業大学高等学校2年)スコア/72、70、68、75、トータル285で3アンダーの個人2位
古江彩佳(滝川第二高等学校2年)スコア/77、73、70、70、トータル290で2オーバーの個人4位
佐渡山理莉(沖縄県立名護高等学校2年)スコア/80、69、71、73、トータル293で5オーバーの個人6位タイ
■男子個人戦結果
植木祥多(埼玉栄高等学校3年)スコア/70、69、69、70、トータル278で6アンダーの個人4位タイ
関藤侑嗣(広島国際学院高等学校3年)スコア/71、71、69、68、トータル279で5アンダーの6位
米澤蓮(盛岡中央高等学校3年)スコア/70、71、65、78、トータル284でイーブンパーの個人14位タイ
三田真弘(代々木高等学校1年)スコア/76、70、74、73、トータル293で9オーバーの個人36位タイ
<ゴルフ情報ALBA.Net>

フレッシュな美女プロが躍動!ステップ・アップ・ツアーLIVEフォトはこちら
いよいよ全米オープンが開幕!気になる日本勢の順位は?
ステップVの吉本ひかるがトップ通過 新垣比菜も4位で3次へ プロテスト2次予選
未来のヒロイン候補発見!?これで我らも“ステップ・アップ・ツアーマニア”
宮里藍のクラブセッティングに見る、光と影