米首都ワシントンのナショナルズ・パークで、慈善試合の始球式に臨む、議会警察のデビッド・ベイリー氏(2017年6月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米首都ワシントン(Washington D.C.)で15日、連邦議会議員による野球の慈善試合「コングレッショナル・ベースボール・ゲーム(Congressional Baseball Game)」が開催され、いつもはスーツを着用し、ネクタイを締めた上下両院の民主党、共和党の議員たちがスパイクを履き、野球帽をかぶってフィールドに繰り出した。

 今回のチャリティーイベントの前日、試合に向けて練習をしていた共和党のスティーブ・スカリス(Steve Scalise)下院議員が銃撃を受けて重傷を負っている。

 米大リーグ(MLB)のワシントン・ナショナルズ(Washington Nationals)がホームスタジアムとして使用するナショナルズ・パーク(Nationals Park)で開催された慈善試合では、銃撃事件で負傷した議会警察のデビッド・ベイリー(David Bailey)氏が始球式を務めた。
【翻訳編集】AFPBB News