メキシカン・ファストフード「タコベル」関西進出、大阪・道頓堀に新店オープン

写真拡大

アメリカ発のメキシカン・ファストフード「タコベル(Taco Bell)」が関西へ進出。大阪・道頓堀に、タコベル 道頓堀店を2017年8月下旬にオープンする。

「タコベル」は、1962年にアメリカ・カリフォルニアで生まれた、メキシカン・ファストフードのブランド。注文を受けて作られるフレッシュなタコスやブリトーで人気を博し、全米を中心に世界で7,000店舗以上を展開している。

日本に上陸したのは、2015年4月。渋谷・道玄坂にオープンした日本1号店は、多くのメディアが取り上げ注目を集めた。以後、日テレプラザ店青山骨董通り店、アクアシティお台場店と都内に4店舗を展開。「ぜひ関西にも来てほしい」そういった希望にこたえて、大阪1号店のオープンが実現した。

看板メニューとなるのは、トルティーヤに肉、レタス、チェダーチーズなどの具材を入れた「タコス」だ。ソフトシェル・ハードシェルから好みのものが選べ、辛さ調整なども可能。お好みの肉、サルサ、野菜、さらにお米をトルティーヤで巻いた「ブリトー」や、お肉とサワークリーム、とろとろのチーズソースなどを合わせて、さらにレタスとトマトを重ね、香ばしくグリルした「クランチラップ」なども人気だ。

サイドメニューは「ナチョス」がオススメだ。チーズ、アボカドソース、サワークリームといったトッピングにつけて、味わうことができる。

【ショップ詳細】
タコベル 道頓堀店
オープン時期:2017年8月下旬
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1−9−1ベルスードビル2F
営業時間:10:00〜23:00
店舗面積:48坪   
席数:53席


[写真付きで読む]メキシカン・ファストフード「タコベル」関西進出、大阪・道頓堀に新店オープン

外部サイト

  • 「うめきたガーデン」大阪・梅田の巨大庭園、ヒマワリ&ハイビスカス開花し夏色に
  • 産地直送の生地販売会「テキスタイル・マルシェ」大阪・阪急うめだ本店で開催
  • 現代美術のアートフェア「ART OSAKA 2017」ホテルの客室で作品を展示・販売