米ビルボード、NCT 127の新曲を絶賛!「K-POPの構造を完全に覆した、奇抜な冒険だ」

写真拡大

米ビルボード側がNCT 127の新曲「CHERRY BOMB」に対する興味深い分析を出した。

3rdミニアルバムを発売したNCT 127は、アメリカのApple Musicおよびビルボードで集中的にフォーカスを当てられた。まず、Apple Musicは「New Artist of the Week」でNCT 127を紹介した。成長している影響力を見せたといえる。

続いてビルボード側は「『CHERRY BOMB』で派手に帰ってきた」というタイトルで「『CHERRY BOMB』は、ラップを強調し、コーラスを除いては途中にメロディーがほとんどない。K-POPの通常的な曲の構造を完全に覆した。奇抜な冒険だ」と説明した。

NCT 127は韓国で本日(16日) 放送されるKBS 2TV「ミュージックバンク」に出演し、「CHERRY BOMB」のステージを披露する。