@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

スパイダー「V10プラス」、パワーアップかつ軽量に

あらたに追加された「V10プラス」(スパイダーにはまだ設定がなかった)は、標準のR8スパイダーに比べると70psと2.1kg-mの増強となる。

最終的には611psと57.1kg-mに達しただけでなく、25kg軽くなっているのもポイントだ。0-100km/hタイムは、標準のR8スパイダーより0.3秒短縮している。

重量は1587kg。ランボルギーニ・ウラカン・スパイダーに比べると167kg重く、ポルシェ911ターボより83kg軽いということになる。

英国における価格は£147,470(2,095万円)で、V10プラスではない、標準のR8 V10スパイダーより£15,000(213万円)高い。

内外装、V10プラスはどう違う? 予約開始は?

標準のR8がブラックのトリムを用いているのに対し、V10プラスはカーボンファイバーを多く使っている。

エグゾーストやシート形状(よりバケットらしい)、ブレーキの素材(カーボンだ)も識別点となる。

ちなみに、現行R8に、これ以上のモデルを追加する必要はないとアウディは宣言している(きっと限定モノはあるだろうけれど)。

英国におけるスパイダーのV10プラスの予約開始は今月の終わり。その後すぐにデリバリーがはじまる。