その日のファッションやシチュエーションに合わせて「着替えられる」

写真拡大

ソニーは、電子ペーパー搭載のディスプレイウォッチ「FES Watch U(フェス・ウォッチ・ユー)」の正式販売を2017年6月12日に始めた。

サファイアガラス&チタンコーティングケースの「プレミアムブラック」ほか2色

同社の新規事業創出プログラムから誕生した「Fashion Entertainmentsプロジェクト」が開発を手がけたという。薄くて軽く、曲げられるアクティブマトリックス型フレキシブル電子ペーパーを搭載し、ボタンを押すだけで簡単に文字盤とベルトのデザインを切り替えられ、自分好みに自由にアレンジできる。

アナログ/デジタル、日付・曜日など12種類のプレインストールされたデザインのほか、専用のスマートフォン(スマホ)アプリ「FES Closet」と連携し、その場で撮影した写真やライブラリー内の画像を取り込むなど、オリジナルのデザインを作成できる機能を備える。また国内外の個性豊かなクリエイターとのコラボレーションによるデザインを無料ダウンロードできる。

カラーバリエーションは3色を用意。時計盤を保護する「風防」に反射防止加工を施したサファイアガラスを採用したほか、ケース部分の表面にチタン化合物をコーティングした「イオンプレーティング処理」を施し、ファッション性と耐傷性を両立した「プレミアムブラック」の価格が6万円(税別)。シルバーとホワイトが4万6000円(同)。