「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展」に鈴茂器工が出展している「すしロボット」(2017年6月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】東京ビッグサイトで16日まで開催中の「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展(2017 International Food Machinery & Technology Exhibition)」に食品製造機械を手掛ける企業約800社が出展している。

 1時間に2000個のすしを製造できる「すしロボット」や最高2万本の焼き鳥の串を用意できる「万能自動串刺機」、クッキーなどの食品にさまざまな図柄を印刷できる食品用プリンターなど、ユニークな機械が多数出展されている。
【翻訳編集】AFPBB News