ツイッターの仕様が6月16日に変更となり、これまで四角だったアイコンの角が削れ、丸く表示されるようになった。これまで四角いアイコンに合わせて画像を設定していた企業の公式アカウントでは、画像の四隅が欠けるという事態に騒然となった。

セガの公式アカウントでは、

「Twitterアプデによってアイコンのセガロゴが切れてるじゃないか…ロゴは会社の顔なので即修正します」

と中の人が仕様変更を嘆き、すぐにロゴ画像を修正。各社の公式アカウントが対応に追われる中、唯一涼しい顔をしていたのが浅田飴の公式アカウントだ。

「四角アイコンの皆さまにはご迷惑をお掛け致します」

浅田飴のアカウントでは、浅田飴の丸い缶の画像をアイコンにしていた。そのため今回の仕様変更でも無傷のまま済んだようだ。中の人は、

「わざわざ弊社のアイコンに合わせ、UIを変更していただきましたようで誠に恐縮です。四角アイコンの皆さまにはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます」

と得意げにつぶやいた。セガは、このツイートを引用リツイートし「勝ち組」と投稿。タカラトミーも「キィイイイイイイイイ!!!!!」と悔しさを露わにしたが、浅田飴に「ドンマイドンマイ!」と慰められていた。

パインアメで知られるパイン株式会社は、会社の顔であるパインアメをアイコンにすることで対応したようだ。丸型のアイコンが同社に都合がよかったからか、「今回のアップデート、仕組んだのは弊社ではございません」とツイート。さらに、パインアメの丸い画像を緊急対応策として配布していた。

タカラトミーのアイコンメーカー企画が1日で台無しに

一方で青の正方形を黒の太線が取り囲むキングジムのアカウントは仕様変更の餌食に。正方形の四隅を切り取られ、無様な姿を晒していた。公式アカウントでは、

「Twitterアプデによって無残にも丸刈りにされた弊社」

と嘆いていた。

タカラトミーでは、画像が欠ける以上の災難に遭うことになった。仕様変更の前日に「タカラトミーアイコンメーカー」をリリース。オンライン上でタカラトミーの本家のアカウントと同じように、白抜きの「T」が表示されたアイコン画像を作れるというものだ。

このアイコンメーカーをわさビーフで有名な山芳製菓やナムコの公式アカウントが早速利用していた。しかし新しい丸型のアイコンでは「T」の横棒の両端が欠けてしまう。

せっかくの企画が1日で無駄になってしまい、

「【悲報】昨日、頑張って作ったタカラトミーアイコンメーカーが一夜のうちに『ただの四角い画像メーカー』と化す」
「つらぃ…つらぃょぉ…ひどぃょぉ…」

と悲嘆に暮れているようだった。数時間後には、「実はフェイスブックのアイコンをつくるメーカーだった気がするので、フェイスブックのアイコン用にお使いください」と立ち直ったようだったが、さらに数時間後には「まだ、心の整理がイマイチついてませんが、前を向いてがんばります…」ともツイートしていた。

しかし各社が慌てて画像を修正する中、

「まだ四角い方もいらっしゃいますし、丸い新しいアイコン案もないのでしばらくこのままでいきます。文字はきれてますが、フォロワーさんだいすきです」

と腹の据わった様子を見せつけていた。