Screenshot: 小暮ひさのり/Google


もうデータは無くさないし、どこからでも取り出せる。

このツールの出来栄えによっては、そういった環境もできちゃうのかもしれません。 Google(グーグル)は「Google Drive」(Googleドライブ)のコンシューマーユーザー向けのバックアップツール「Backup and Sync」を、6月28日に公開予定と発表しました。

これは現行のGoogleドライブアプリである「Mac/Windows版 Googleドライブ」、そして「Googleフォト」サービスへの自動アップロードアプリ「Google Photos Backup」アプリを統合したアプリとなり、ユーザーが任意のファイル・フォルダをバックアップ・同期できるのが特徴です。

え? 今までできなかったの?と言われると、たしかにファイルやフォルダの同期はできたのですが、同期したい対象をGoogleドライブフォルダに移動させる必要があったのです。


Googleドライブに新機能。PC/Macの任意のフォルダを同期できる…ってことは?2
Image: Google blog


こちらがGoogleが公開したリリース予定の「Backup and Sync」の画像。「デスクトップ」や「ドキュメント」、「ピクチャー」下の「フォトライブラリ」などを同期していますね。

突き詰めればもうパソコンまるごとGoogleにバックアップすることだってきっとできる……のかな? まぁ、Googleドライブの容量は無限ではないので、なんでもかんでも突っ込みたいとなると有料でのストレージ拡張も必要になってきますけどね。

でも、個人的にはこうした現在のフォルダ構造のまま同期できるタイプのストレージサービスのほうが好みなので、「Backup and Sync」リリース後の転送速度がイイカンジだったら乗り換えちゃってもいいかなーって思ってたり。

そうか、こうしてGoogleへの依存度が増えていくのか……。


Image: Google, Google blog
Source: Google blog via THE VERGE, Googleドライブストレージ

(小暮ひさのり)