Verizonによる米Yahooの買収を受け、最高経営責任者(CEO)を辞任したYahooのマリッサ・メイヤー氏が、ようやくGmailを使えるようになるなどと発言し、物議を醸しています。

楽しみはGmailを再び使えるようになること

Yahooで5年間に渡ってCEOを務め上げたマリッサ・メイヤー氏は、先日ロンドンのカンファレンスに出席し、Yahooを辞めた後の楽しみとして「再びGmailを使えるようになることだ。自分が設計したツールを使う方がもっと速いが」と、ジョークを飛ばしました。
 
メイヤー氏は、YahooのCEOに就任する前、Googleに13年間務めており、検索サービスやGmailのチームを率いてきた人物です。そんな彼女だからこそ、Yahoo Mailを使わなければならない状況に複雑な心境を抱いていたことは、想像に難くありません。

Gmailの進化についてコメントしたものだ、と釈明

もちろん、Yahoo Mailの愛用者にとっては、辞めた途端に本音を話し出す元CEOの存在が面白いはずもなく、カンファレンスでの様子が伝わるやいなや、「炎上」する騒ぎとなってしまいました。
 
ことの重大さに気づいたのか、メイヤー氏はその後、「素晴らしいYahoo Mailも使い続けるつもりだ。チームが粉骨砕身してくれたおかげで、劇的に素晴らしいサービスとなった」「この文脈を離れた(今回の)コメントは、Gmailのデザインと、以前働いていた時からGmailが大きく進化を遂げたことについて述べたものだ」と、Twitterで釈明しています。
 


 
なお、似たような逸話としては、Nokiaの会長がLumiaではなくiPhoneを使用していた、というものがあります。
 
 
Source:BusinessInsider
Photo:Flickr-Adam Tinworth
(kihachi)