男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権初日。18番を終えていら立ちをみせるロリー・マキロイ(2017年6月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権(2017 US Open Championship)は15日、米ウィスコンシン(Wisconsin)州のエリンヒルズ(Erin Hills)で開幕し、ロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)は序盤に好スタートを切ったものの、バックナインで大崩れするなど、大乱調の足取りでホールアウトした。

 世界ランク2位のマキロイは、通算4勝を挙げているメジャー大会で何としても勝利を積み重ねたいところだったが、初日で6オーバーの143位タイと大きく出遅れ、決勝ラウンドへの生き残りが厳しい状況に立たされた。

 マキロイは2番でいきなりイーグルを奪ったものの、その後は4ボギー、2ダブルボギーでスコアを落としてしまい、16日の第2ラウンドでは奇跡的な猛チャージをみせる必要がある。

 出入りの激しかったこの日のプレーについて、マキロイはティーショットに要因があると自己分析し、「出だしは良かった。10番からフェアウェーに打てていない。ティーショットの転がり場所が悪ければ、このコースでは太刀打ちできない。自分はそれができておらず、その代償を支払うことになってしまった」とコメント。

 肋骨と腰の故障から復帰したばかりのマキロイはまた、問題なのは体調ではないとして、けがの状態については「絶好調だ。まったく問題ない。ほとんど治っている状態で、少しも違和感はなかった。だから平気さ。まったく問題ないよ」と話した。

「少しタイミングが合っておらず、それが原因だと思う。ティーショットが悪いせいで、バーディーを重ねる手応えが得られなかった」
【翻訳編集】AFPBB News