メキシコ・メキシコ市のビール醸造所「クルクル・ブルワリー」で製造されている、ドナルド・トランプ米大統領の絵がラベルに描かれたクラフトビール(2017年6月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が主張する国境の壁の建設に揺れる米国とメキシコのビール製造者3人が手を組み、トランプ時代の新ビールをつくった。トランプ大統領の「反メキシコ」発言に物申すのが目的だという。

 米国人1人、メキシコ人2人のチームが造ったビールのラベルにはメキシコの音楽を演奏する楽団「マリアッチ」の衣装を着たトランプ氏がデザインされており、原料にはマンゴーが使用されているという。

 ビールの名称は「Amigous(アミーガス)」で、米国人がスペイン語で友達を意味する「Amigos(アミゴス)」を発音した時の音を表現しているという。

「(トランプ大統領が)なんと言おうと関係ない。友達はずっと友達だ。壁で隔てられようとも」と、メキシコの醸造所、エロル・デ・ディシエンブレ(Error de Diciembre)のホセ・フェルナンド・リンコン(Jose Fernando Rincon)最高経営責任者(CEO)は話す。

 一方、メキシコの醸造所、クルクル・ブルワリー(Cru Cru Brewery)のルイス・エンリケ・デラレゲラ(Luis Enrique de la Reguera)CEOは「皮肉にも、とても苦いビールに仕上がった。トランプのようにね。そしてとてもオレンジだ。マンゴーのおかげでね。これもトランプ(の髪の色)みたいだ」と話した。

 メキシコでの売れ行きは上々だ。最初に製造されたボトル1200本と400リットルの樽は、専門店やメキシコ市のバーを中心に3日で売り切れたという。現在、米国への輸出も検討中だ。
【翻訳編集】AFPBB News