バルセロナの高層ホテルを登り切った男性(画像は『Alain ROBERT 2017年6月13日公開 YouTube「the french spiderman climb Sky Melia Barcelona」』のサムネイル)

写真拡大

フランスのスパイダーマンとして知られるアラン・ロベールさん(Alain Robert、54)が今月12日、スペインのバルセロナにある高層ホテルを命綱なしで登り切った。Facebookで拡散され多くの海外メディアも報じているが、アランさんはビル登りを若干12歳の時から始めていたことを自叙伝で明かしている。

【この記事の動画を見る】

フランス出身のアランさんは世界の高層建築物に、時には無許可で命綱を着けずに何度も登頂してきた。そのたびにメディアに登場し、「フランスのスパイダーマン」と呼ばれるほど有名なフリークライマーである。今回はスペインの29階建ての高層ホテル「メリア バルセロナ スカイ」に挑んだ。

アランさんのYouTubeチャンネルでは、117メートルの高さを約20分で登り切ったことが伝えられている。動画はヘッドマウント型カメラで撮影されており、時折“下界”を撮影したシーンでは地上の通りを走る車が豆粒のように見える。

これまで100回ほど世界中の高層ビルに登り続けてきたアランさんだが、高層ビルに挑むようになったきっかけは12歳の時だった。ある日、学校から自宅マンションに戻ったアランさんはポケットに入れていたはずの鍵がないことに気づいた。

考えた末にアランさんは、マンションの外側に面した自宅7階の窓に目を付けた。そこはいつも鍵がかけられていないことを思い出したのだ。そこでマンションの外部をよじ登り7階の窓から入ったという。

この時の出来事をアランさんの自叙伝「With Bare Hands」で明かしているが、幼い頃から既に高いところへの恐怖心は無かったとみられる。

アランさんのようにここまで有名になってしまうと危険な挑戦に対してもヒーロー扱いされるが、今年3月には中国の高層ビル屋上からパラシュートをつけて飛び降りたお騒がせ男が話題になった。

画像は『Alain ROBERT 2017年6月13日公開 YouTube「the french spiderman climb Sky Melia Barcelona」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)