LINE株式会社は15日、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催し、次の5年に向けた新たなビジョンを発表した。

 

新ビジョンとしては、「Connected」(LINEのインフラ化)、「Videolized」(動画フォーカス)、「AI」(AIフォーカス)を掲げているが、「Connected」では様々な新機能を予定している。

 

LINEの主力機能である、「トーク」では複数の新機能・リニューアルを用意。

「カメラ」機能では、トーク内でのカメラ起動時に顔認識によるエフェクト加工やフィルター加工が可能になる。(2017年夏公開予定)

「スライドショー」機能では、複数の写真をまとめてBGMやエフェクトを使ったスライドショー形式で共有できる。(公開予定未定)

「チャットライブ」では、トークルーム内の友だちに対してライブ動画配信が可能になる。(2017年夏公開予定)

「チャットアプリプラットフォーム」では、トークルームのメニューをカスタマイズして、友だちとイベント日程を共有したり、ゲームをしたりできるようになる。(2017年内公開予定)

 

また、「タイムライン」ではタイムライン上で動画を投稿したり、ライブ動画配信できる「ストーリー」機能を搭載する。(公開予定未定)

 

そのほかにも、「ポータルタブ」設置や商品売買・決済サービス「ウォレットタブ」、「LINE Pay」での本人確認不要な「送金」機能、行政サービス「マイナポータル」との連携などが新たに実装される予定だ。

 

発表資料

URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1759

2017/06/16

 

 


▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

サンワサプライ、旅行や出張に便利なスイングプラグ式小型電源タップを発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売