画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●すっぱいキウイフルーツを甘くする方法とは?

「キウイフルーツってすっぱくて苦手」。昨年、ゼスプリ インターナショナル ジャパン主催のメディアセミナーに参加してキウイフルーツ(以下キウイ)の健康効果を知った筆者が、家族や友人に勧めていたときによく返された言葉だ。一度でもすっぱい果実にあたると、そういうイメージがついてしまう。そして、バナナやりんごのように、比較的甘さに当たり外れのない果物に手が伸びてしまう気持ちもわかる。

でも、それではもったいない。なぜなら、キウイは他と比較しても特に栄養バランスのすぐれた果物だからだ。今回は、日本のスーパーで売られているキウイが、ニュージーランドでどのように生産・出荷されているのかをお届けしたい。

○ニュージーランドNo.1のキウイ生産地へ

ニュージーランドのキウイ主要生産地は、オークランドから南東約200kmの北島に位置するタウランガ市。今回の旅では、このニュージーランドNo.1生産地を訪ね、広大なキウイ農園を見学させてもらった。

つる性の植物であるキウイを強風から守るために、畑の周りは高さ10メートル程度の防風林で囲まれている。畑の中に足を踏み入れると、生命力を感じさせる新緑のつる草に、たわわに実ったキウイ。その数に圧倒されてしまう。

「果樹園を始めて35年ですが、最初は1ヘクタールだった畑が、今では20ヘクタールにまで拡大しました」と話すのは、息子さん2人と家族でキウイ農園を営んでいるメルヴィン・ウォーカーさん。幹やつる草、そして果実に大事そうに触れながら話す様子から、キウイへの愛情が伝わってくる。

大体の果樹園で収穫できるキウイは、1ヘクタールあたり9,000〜1万2,000トレイ(1トレイが3.6キロ)。季節や気温に合わせて、蜂による受粉、剪定、害虫駆除などの栽培管理を重ね、毎年3〜6月に収穫する。

幹をよく見ると傷があることに気づく。幹を傷つけることで葉で作った栄養分が根の方に行くのを阻害し、果実に栄養を集中させているという。それもこれも、大きくて栄養たっぷりなキウイを実らせるためだ。

「今年は水害があったので、果実から水分が抜けるのを待ってからの収穫になります。キウイの栽培で大切なのは、きちんと果実に栄養分を行き渡らせること。大きくておいしい果実になるように育てています」。

葉の摩擦によって皮に傷ができる場合があり、1平方センチメートル以上の傷があるものは除外する。今年の予測では、全体の10%程度が除かれるという。除外品はジュースにして飲むこともあるが、ほとんどは牛のエサに。

ウォーカーさんは「キウイは牛も大好き。人間にも牛にも良い果物なんですよ」と笑う。そして、「皆さんには、私たちのキウイのおいしさを広めてほしいです。いつか日本に行って、キウイが売られている所を見てみたいですね」。

○食べ頃の見分け方と追熟法

キウイの代表的な品種には、果肉が緑色で酸味のある甘さが特徴の「ゼスプリ・グリーン(ヘイワード種 ※以下グリーン)」、果実が黄色でグリーンより糖度が高い「ゼスプリ・サンゴールド(ZESY002 ※以下サンゴールド)」などがある。

グリーンもサンゴールドも皮の色では熟度はわからないため、キウイを手の平で優しく包み込むように持って、少し柔らかいと感じるぐらいが食べ頃だという。

手に持ってみてちょっと硬いと感じるときは、追熟する方法もある。それは、りんごやバナナなど、果実を成熟させる成分「エチレン」を出す果物と一緒にビニール袋に入れる方法で、室温で2〜3日置けば熟してくる(その後は冷蔵庫で保管)。硬くすっぱいキウイも、この追熟法を試せば甘く柔らかくなるというわけだ。

おすすめの食べ方は、ハーフカット。キウイには、ビタミンCや食物繊維、カリウム、葉酸などさまざまな栄養素がバランスよく含まれている。キウイを半分に切ってスプーンですくって食べれば、栄養素を壊すことなく効率よく摂取できる。

ちなみに、肉をよく食べるニュージーランド人は、ステーキ肉を焼く前にキウイでマリネにすることも多いという。そうすることで肉が柔らくなり、フルーティーな味わいが楽しめるとのこと。

●日本への輸出品はこうして選ばれている!

○選果場で行われる品質チェック

続いて選果場「DMS Te Puna」に会場を移し、キウイが箱詰めされるまでの様子を見せてもらった。

選果場では、農家から届いた大量のキウイをレーンに流し、作業員が手に取って品質をチェックする。責任者のオリバー・ブロードさんは、「ヘタのついたもの、皮に傷のあるもの、割れやすいものなどは取り除き、農園へフィードバックします。また、出荷したキウイは箱ごとにバーコードが付いているので、全世界に輸出しているキウイから追跡できるようになっています」と語る。

問題があると農園にフィードバックされ、それに応じて農園に支払われる報酬も変わってくる。全世界の消費者がキウイを安全においしく楽しめるのは、こういった品質を保つ仕組みが構築されているおかげなのだろう。

厳正な品質検査を通ったキウイは、品種やサイズごとに箱詰めされ、適切な時期に世界各国へ出荷するために0℃の倉庫で保管される。ちなみに、味だけでなく見た目にもこだわる日本人のために、品質が高い「クラス1」の中でもさらに良いものが厳選されて日本へ輸出されているという。

ここまで、ニュージーランドでどのようにキウイが栽培され、出荷されるのかを紹介してきた。今回気づかされたのが、日本で当たり前のように口にしているキウイは、厳正な品質管理のもと"選ばれたもの"であるという事実だ。個人的には、農園や選果場でキウイと向き合う人々の真剣なまなざしを目の当たりにし、キウイに対するありがたみがわいてきた。

これまで「キウイはすっぱい」というイメージがあった人もぜひ、食べ頃のキウイの見分け方、そして硬いキウイの追熟法を試してみてほしい。甘くみずみずしいキウイと出合えれば、きっとキウイの印象もプラスに変わるに違いない。