“殺害予告”Apink側、脅迫犯と推定される男について「以前事務所と揉めた人物」

写真拡大

Apinkが殺害脅迫を受け衝撃を与えた中、所属事務所Plan Aエンターテインメントが脅迫犯と推定される人物について「所属事務所といさかいを起こしたことがある」と述べた。

15日午後、Plan Aエンターテインメントの関係者は10asiaに「脅迫犯と推定される男性は、これまで幾度も所属事務所に連絡をしてきた。話にならないことを要求し、スタッフといさかいを起こしたりもした」と述べた。

また「警察はまだ容疑者を捜索しているが、連絡がつかないと言っている」と現在の状況を説明した。

先日、あるメディアは自身がApinkの脅迫犯だと主張する男性とのインタビューを報道した。男性は「6年間Apinkのファンで、悪質なコメントで自分を告訴したために殺害脅迫をしたのではない。業務妨害をしたこともない。自首する意思はない」と述べた。さらに彼は「清純なコンセプトを持つApinkが、番組を通じて合コンすることが理解できなかった。このような番組を進行したApinkと所属事務所に怒りを感じた」と脅迫理由を伝えた。

14日午後7時40分、Apinkの所属事務所に警察が出動する騒ぎが起こった。警察によるとある者が112に脅迫電話をかけ「14日午後9時にApinkの所属事務所に行き、ナイフでメンバーを殺害する」と述べた。

所属事務所側は「捜査の経過を一緒に見守っている。脅迫容疑者の身元が迅速に把握できるよう警察の捜査に誠実に協力する計画だ。今後所属事務所のアーティストを相手に、悪質なコメントや脅威に対しては、更に厳重に対応する計画だ」と述べた。

Apinkはカムバックを控えている状況だ。関係者によると現在カムバックのスケジュールの変更はなく、メンバーは練習をこなしている。

“殺害脅迫”Apink、事件の経緯&対応方針について事務所がコメント(全文)