家入レオ×福士蒼汰が再びタッグ ドラマ主題歌7月リリース決定

写真拡大

 家入レオが7月スタートの日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の主題歌を担当することになり、5周年イヤー第1弾シングルとして7月26日に発売することが決定した。

 このドラマは、作詞家や放送作家としても活躍する秋元康が、AKB関連以外では約12年ぶりにテレビドラマを手掛ける話題作。主演の福士蒼汰は11年前に父親を殺した秘密を抱える司法修習生を演じ、今回が殺人犯役初挑戦となる。

 家入にとって今作は7作目を数えるドラマ主題歌。更に主演の福士蒼汰とは『海の上の診療所』、『恋仲』、『お迎えデス。』、そして今作の『愛してたって、秘密はある。』とあわせて4度目の“キャストと主題歌”としてのタッグとなる。
 
 今回ドラマ用に書き下ろされた新曲「ずっと、ふたりで」は極上のミディアムバラードで、ドラマの主人公が心の中に秘めた思いに寄り添った、そんな歌詞世界も魅力的な1曲。今作はAKB48や乃木坂46、嵐などへも楽曲提供をしている杉山勝彦が作詞・作曲を手掛け、家入レオとしては初めてシンガーに専念した楽曲となる。

 家入は「ドラマ主題歌のお話を頂き、どんな雰囲気の曲がいいだろう? と悩み考える中で、新しい自分と音に出逢うことができました。大切な人の光と影。どちらが欠けても君じゃなくなってしまう。そんな想いで歌った曲です。ストーリーが展開する度に、違った聴こえ方をする曲だと思うのでドラマと一緒に楽しんで貰えたら嬉しいです。」とコメント。

 4度目のタッグとなる福士蒼汰も「あるがままでいい。どちらかが闇の中にいても、どちらかが光を照らしてくれる。愛している気持ちがあれば2人で歩いていける。そんな2人の愛を感じました。物語を優しい歌声と優しい歌詞で、優しく包み込んでくれると思います。」と語った。

 また、同時に公開された新ビジュアルでは、デビュー時を彷彿させるヘアスタイルに戻った家入が5年の月日を経て大人に成長した様を垣間見ることができる。

 更に、4月に開催した初の日本武道館公演【5th Anniversary Live at 日本武道館】を収録した映像作品もDVD、Blu-rayの2形態で同時発売される。トレイラー映像は本日より公開となっている(https://youtu.be/PfL9AsJ6Emw)。


◎リリース情報
シングル『ずっと、ふたりで』 
2017/7/26 Release
<初回限定盤(CD+DVD)>VIZL-1203/1,700円(tax out.)
<完全生産限定盤(CD+GOOGS)>VIZL-1204/2,200円(tax out.)
<通常盤(CD)>VICL-37299/1,200円(tax out.)
初回限定盤CDと同内容
<配信情報>7月26日より主要ダウンロードサイトで配信開始

ライブ映像作品『5th Anniversary Live at 日本武道館』
2017/0726 Release
<DVD>VIBL-861/4,500円(tax out.)
<Blu-ray>VIXL-196/5,000円(tax out.)