チリ代表GKブラーボが左ふくらはぎの負傷で初戦のカメルーン戦を欠場《コンフェデレーションズカップ2017》

写真拡大

▽チリサッカー連盟(ANFP)は15日、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボの負傷状況を発表した。

▽17日に開幕を迎えるコンフェレデーションズカップに臨むチリ代表だが、そのメンバーに選出されているブラーボは、左ふくらはぎの負傷により初戦のカメルーン代表戦を欠場することになるようだ。

▽ANFPの発表によると、ブラーボはMRI検査と超音波検査を受けたとのこと。結果は「ふくらはぎのケガの状態は良くなっており、通常のトレーニングに戻るのは回復次第となっている。18日に行われるカメルーンとの試合は欠場する」と発表した。

▽グループBのチリは、カメルーン戦のあとドイツ代表戦(22日)が控えており、ブラーボはドイツ戦の出場を目指すことになる。