米カリフォルニア州サウザンドオークスの農場で開かれている「ヤギヨガ」教室の様子(2017年6月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国で今話題を呼んでいる最新のフィットネスといえば、「ヤギヨガ」だ。幅広い年代の人たちが人気のヨガ教室を訪れ、ポーズをとるだけでなく、大笑いして帰っていく。

 ヤギヨガ教室は全米各地の農場で開かれる。登場するのは、ナイジェリアン・ドワーフ・ゴートという西アフリカ原産の小型のヤギだ。

 カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)郊外の教室では、インストラクターが「息を吐いて」「姿勢に注意して」などと指導する傍らで、ヤギたちがメーメーと鳴き声をあげ、動き回る。参加者の背中に乗ったり、髪の毛やひげをムシャムシャと食べたり、顔をなめたりするヤギもいる。

 インストラクターのメリディス・ラナ(Meridith Lana)さんは、「ヤギたちは愛らしく、人懐こい」と言う。

「人の髪の毛を食べたり、マットに『プレゼント』を落としていったりもするけれど、それも含めて楽しい」とラナさん。「ここで得られる癒やしの効果は、お金では買えない」
【翻訳編集】AFPBB News