天才子役のジェイコブ、憧れの『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカーに会う!

写真拡大

映画『ルーム』(15)の天才子役ジェイコブ・トレンブレイが、『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルに会ったことが話題になっている。

現在10歳のジェイコブは『スター・ウォーズ』の大ファンで、映画『ルーム』の演技が評価されて2016年に放送映画批評家協会賞の若手男優・女優賞を受賞した時に、トロフィーを持ちながら「これをどこに置くか決めているよ。棚の上の(『スター・ウォーズ』シリーズに登場する宇宙船)ミレニアム・ファルコンの隣にね」と話していた。また、愛犬には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の主役レイから名前をつけている。

そんなジェイコブが現地時間14日に映画『The Book of Henry』(原題、6月16日全米公開)のロサンゼルス・プレミアに出席。このプレミアにはジェイコブの憧れのマークも出席していて、マークはレッドカーペットでゴシップサイト「E!ニュース」からジェイコブが大ファンであることを教えられた。ジェイコブはマークに会うと、「初めまして」と挨拶。マークは「元気かい? 君を (テレビ番組)『Billy on the Street』で見たよ」と話しかけ、ジェイコブは「本当ですか?」と答えていた。2人はカメラの前で寄り添って一緒にポーズをとっている。

ジェイコブはツイッターにマークとの写真をアップし、「オタクモードに入ったよ。かなりね。気にしない! 僕と話してくれてありがとう、マーク・ハミル」とツイート。マークは「『The Book of Henry』の君(とキャストみんな)は素晴らしかったよ、ジェイコブ! 美しい映画で、予想できなくて、心に響いて、感動する。#素晴らしい映画 #ジェダイ・ジェイク」と返した。そして、ジェイコブはマークから認められたことがとても嬉しかったようで、「みんな、これから僕のことをジェダイ・ジェイクって呼んで」とつぶやいた。