ウーバーの失墜、シェアリングエコノミー界の汚点に

写真拡大

旧ソ連時代のロシアでは、ある程度快適かつ素早く移動したいと思ったら、ヒッチハイクをしたものだ。車を止めてくれた人と金額を交渉し、見知らぬ人の車に乗り込み出発する。タクシーのいない顧客側の問題が、供給側の収入ニーズに合致した効率的な手法だ。完全なる違法行為だったが、取り締まりはほとんどなく、広く利用された。

それから30年を経て、ウーバーが登場した。ニーズは満たすが規則破りの同社が進める業界のディスラプション(破壊)に対しては、タクシー運転手のストライキや、同社を不公正で過大評価されていると考える顧客からの支持低下により、反発が広がっている。

ウーバーのアプリはロンドンやパリなどで歓迎される一方、一部の都市では罰金を科されたり、上級幹部が逮捕されたりする事態までが発生している。

問われるウーバーのリーダーシップ

規制軽視の風潮や幼稚な企業文化を持つウーバーの経営陣に対しては、世界中から疑念が向けられている。欧州司法裁判所(本部ルクセンブルク)は今夏、同社の業態がインターネットサービスと輸送サービスのどちらに当たるかについての判断を下す予定だ。後者だと判断されれば、同社は欧州各国の安全規制や、他のタクシー企業と同様の法規制を順守しなければならない。

トラビス・カラニックCEOが今週行った休職表明は、欧州の一部識者らの見解に鑑みると、絶好のタイミングだったと言えるだろう。英ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校経営大学院のジアナ・エッカート教授(マーケティング学)は私との電子メールでのやり取りの中で、ウーバーの現状についての率直な意見を語った。

エッカートは、ウーバーで今起きている騒動により、遊休資産の共有を仲介するサービス「シェアリングエコノミー(共有経済)」のスタートアップの大半が男性中心的な組織だという事実が注目されたと説明。「ウーバーは情け容赦なく、投資銀行のような伝統企業と同様、男性優位であることが明らかになっている」と語った。

エッカートはまた、ウーバーの失敗で他のシェアリングエコノミーも脅かされていると考える。「シェアリングエコノミー企業が目指しているのは利益の最大化ではなく、持続可能な効率性の追求とコミュニティー構築だ、という幻想は、もうとっくに消えた」

英ブライトンを拠点とする世界のシェアリングエコノミー専門家、ベニータ・マトフスカは、ウーバーが真のシェアリングエコノミーに当たるかどうかに疑問を呈している。

マトフスカは、人と地球を事業の中心とし、コミュニティーの原則を基盤とするシェアリングエコノミー企業の真の価値を、ウーバーは体現していないと批判。「性差別や搾取的行動への言い訳は決して通じない。カラニックの休職は、同社の抜本的改革の始まりに過ぎないことを願う」と語った。

エッカートもこれに同意した上で、企業の悪質な行為は世間の評判に悪影響を与えると指摘。「消費者が懐疑的になることで、シェアリングエコノミー企業はもはや、環境やコミュニティー形成のテーマを強調したブランドメッセージを売り出すことができなくなるだろう」と述べた。

イタリアやハンガリー、デンマークなどでは全面禁止のウーバーだが、ロンドンやパリでは成功を続け、悪評にもかかわらず減速の気配はない。モスクワでも高い人気を集めている。

ウーバーの功績も指摘しておくと、タクシー業界で待ち望まれていた変革の一部を強制的に実現させたことがある。パリでは、タクシー会社がついに空港発着の一律運賃を設定し、相乗りサービスも導入した。

また、ウーバーは技術的ディスラプションの時代における労働の変化を象徴してもいる。マトフスカは「産業革命以来最大の変化が、シェアリングエコノミーにより社会にもたらされていることを示す多くの証拠がある。シェアリングエコノミーは、史上最も重要なビジネストレンドだ」と主張する。

労働法改正が必要

マトフスカは、現行の労働法を改正し、現実を反映する必要があると考えている。「『ギグ労働(単発の仕事を次々請け負う労働形態)』には固有の特徴、ニーズ、そして機会があることを認めつつ、シェアリングエコノミーの労働を可能にし、保護するための新たな労働者区分を作る必要がある」

ウーバーの将来に関して、マトフスカは次のように述べた。「ウーバーには、地球と人に本物の価値を提供するチャンスがある。しかし欧州やその他の国・地域における未来は、同社がその価値を整理できるかどうかに懸かっている」