Photo by cinemacafe.net

写真拡大

キース・リチャーズが、元恋人で3人の子どもをもうけたアニタ・パレンバーグへの追悼を表明した。
キースは15日(現地時間)、13日(現地時間)に73歳で亡くなったアニタの若き日のモノクロ写真(撮影:マイケル・クーパー)をツイッターにアップし、「最も素晴らしい女性。いつも俺の心の中に」とコメントを添えた。

キースとアニタは1965年にローリング・ストーンズのドイツ公演のバックステージで出合ったが、彼女はキースではなくブライアン・ジョーンズと恋人同士になった。その後、ブライアンとの関係は悪化して破局、キースとつき合うことになった。47歳の息子マーロンと45歳の娘アンジェラ、1976年に生後数週間でこの世を去った息子タラをもうけたが、正式に結婚はしないまま、1980年に破局した。

70年代からキース共々、重度のドラッグ中毒に陥っていたが、80年代に克服していた。最近は闘病生活を送っていたというが、死因は明らかにされていない。

アニタはドイツ系イタリア人で、60年代にモデルとして活躍。女優としてジェーン・フォンダ主演の『バーバレラ』やミック・ジャガー主演の『パフォーマンス』などに出演した。「ローリング・ストーンズ」のミューズでもあったアニタは「悪魔を憐れむ歌」のバックコーラスにも参加している。

(text:Yuki Tominaga)

■関連記事:
「ザ・ローリング・ストーンズ」今秋にもツアー開催! 「これまでにやったことのないようなことをする」
クリステン・スチュワート、「ザ・ローリング・ストーンズ」MVに出演
「ザ・ローリング・ストーンズ」、11年ぶりにスタジオ・アルバムを発表
故ロジャー・ムーアへ“歴代ボンド”役らが追悼メッセージ
キャリー・フィッシャーの追悼式、娘ビリー・ラードは欠席