『ナミヤ雑貨店の奇蹟』追加キャスト
 - (C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

写真拡大

 東野圭吾の小説を Hey! Say! JUMP の山田涼介主演で映画化する『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で、映画『僕だけがいない街』やドラマ「あさが来た」に出演してきた人気子役の鈴木梨央が劇中での歌唱シーンに挑戦。同作のプロデューサーは、「素晴らしいお芝居と歌声で改めて底知れぬ才能だと思いました」とその歌声を称賛した。

 鈴木が映画で演じるのは、物語の軸となる歌を歌う人気シンガー・セリ(門脇麦)の少女時代。鈴木へのオファーの経緯には、プロデューサーいわく「歌声についても説得力が欲しかったので、天才子役というよりも既に立派な女優さんといえる梨央ちゃんに」という思いがあったという。

 今回鈴木のほかにも、新たに追加されたキャストが発表。魚屋の跡を継ごうとせずミュージシャンを目指す息子(林遣都)を厳しくも背中を押す松岡健夫役に小林薫、母親の死と自分の出自に対して悩みつらい過去を抱える映子役に山下リオ、施設の運営費を不正に使用している疑いがある「丸光園」の現園長・刈谷役に手塚とおる、先代から続く「丸光園」の元園長・皆月良和役にPANTA、尾野真千子演じる晴美の大叔母である田村秀代役に吉行和子が決定した。

 本作は、「東野圭吾史上、最も泣ける」といわれている原作を『ストロボ・エッジ』などの廣木隆一監督が映画化した作品。2012年のある日、悪事を働き、廃屋となっていた雑貨店「ナミヤ雑貨店」に逃げ込んだ主人公の敦也(山田)。彼はそこで、1980年に書かれたはずの“時空を超えた”手紙を受け取る。そして当時の店主で人々の悩みに答えていた浪矢雄治(西田敏行)に代わって返事を書くことに。過去と交流するという不思議な経験を介して、敦也はナミヤ雑貨店の秘密を知っていく。(編集部・井本早紀)

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日より全国公開