神戸に加入するルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 J1のヴィッセル神戸は、トルコのガラタサライからの加入が決まっている元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが7月6日に来日することを発表した。

 また、神戸は同日に移籍加入記者会見も開く。ファン200人も参加できる大規模な会見となりそうだ。

 Jリーグの選手第2登録期間(夏のウインドー)は7月21日からとなるため、ポドルスキのJリーグデビュー戦は最短で7月29日に本拠地ノエビアスタジアム神戸で行われるJ1第19節の大宮アルディージャ戦となる。神戸ではドイツ代表などで長く背負ってきた背番号10をまとうことが決まっている。

 ドイツ代表では通算130試合に出場し、2014年ブラジルW杯では優勝も経験。今年3月に行われたイングランド代表との親善試合で代表を引退した。

 バイエルン・ミュンヘンやアーセナルなど世界屈指のビッグクラブでプレーしてきたポドルスキを日本で観られる日が近づいている。

text by 編集部