ヴォルフスブルクがリオ五輪金メダルメンバーのブラジル人DFウィリアムを獲得

写真拡大

▽ヴォルフスブルクは15日、インテルナシオナルのDFウィリアム(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。なお、移籍金は非公開となっている。

▽ウィリアムはインテルナシオナルの下部組織出身で、2015年3月にトップチームに昇格。ブラジル1部リーグでは大に右サイドバックとして通算61試合に出場している。また、2016年のリオ・デジャネイロ・オリンピックではU-23ブラジル代表に選出。グループステージの3試合に途中出場し、金メダル獲得のメンバーとなっていた。

▽ヴォルフスブルクへの移籍が決まったウィリアムは、多くのブラジル人が成功を収めているクラブへの加入を喜んだ。

「僕はヴォルフスブルクでのプレーを楽しみにしています。ヴォルフスブルクは、ブラジルではとても有名なクラブです」

「グラフィッチやジョズエ、ジエゴ、ナウドなど、多くの選手が大きな成功を収めています。最初の目標は、僕の全てを早く知ってもらうことです。そしてチームに入ることです」